1. トップ
  2. ファッション
  3. ミュベール 2016年秋冬コレクション - アンバランスが招く、たおやかな美しさ

ミュベール 2016年秋冬コレクション - アンバランスが招く、たおやかな美しさ

  • 2016.4.10
  • 1038 views

ミュベール(MUVEIL)の2016-17年秋冬コレクションが発表された。テーマは「Japanesque Sporty」。

今シーズンのクリエーションを支えるのは、スポーツウェアのスピリットと和の心。メッシュやジャージといった軽やかな素材、ネオンイエローやグリーンなどの刺激的なカラーリング。ダイレクトにスポーツを表現する、サイドラインパンツやサッカーソックス、ナンバリングのニットといったアイテムたち。

それら全てをミックスさせ、さらに「日本の美」を重ね合わせていく。丸みを帯びたシルエットは着物を想起させ、ボリュームコートは和服の上に重ねる羽織へとイマジネーションを進めさせる。繊細な色柄も、寄木細工や黒漆などに寄せて、日本趣味を宿らせた。

細部にこだわった仕掛けは、ミュベールらしい取り組み。ニットトップスについたボタンはそれぞれに模様が異なり、リスやキツネといったアニマルモチーフも ひっそり影を潜める。襟を飾るファーや半透明の花形ボタン、ジーンズを華やかに仕立てるカラーファーなどは、取り外せる仕様に。お手入れがしやすくなり、よりシーズンレス・シーンフリーのファッ ションへと近づけた。

コーディネートは自由にのびのびと。カーディガンの上から、ニットガウンとコートをレイヤードしたり、厚手ニットにあえて、網タイツとサンダルをマッチさせたり。カラーや模様も固定観念からは距離を置いて、パイソンとレオパードをぶつけ、花模様とビビットカラーを融合させた。どの観点から覗いても、全体を包み込むのは「アンバランスの美」である。

元記事を読む