1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『NYボンビー・ガール』ベス・ベアーズ、オフブロードウェイの舞台に出演決定!

『NYボンビー・ガール』ベス・ベアーズ、オフブロードウェイの舞台に出演決定!

  • 2016.4.10
  • 2700 views

金欠女子2人組がビジネスを立ち上げ、夢を目指すコメディドラマ『NYボンビー・ガール』でキャロライン・チャニングを演じるベス・ベアーズが、オフブロードウェイデビューを飾ることが明らかとなった。

undefined

【関連お先見!】【海外ドラマ日記】『NYボンビー・ガール』主人公を演じる二人には好感!人種ステレオタイプの典型にはため息...

米BROADWAY.COMによると、ベスが出演する舞台は、女優ヘイリー・ファイファー(『What's Your Emergency』)の脚本による『A Funny Thing Happened on the Way to the Gynecologic Oncology Unit』。20代の毒舌女性コメディアンとドロ沼離婚の渦中にいる中年男性が、お互いの母親が病院で同室になったことで出会い、人生における最も困難な問題と向き合わなければならなくなるという、ブラックユーモア溢れるコメディだ。

ベスがどの役を演じるのか詳細は不明だが、リサ・エメリー(『LAW & ORDER』)、ジャクリーン・シドニー(『Double Leche』)と共演することが決まっている。

本作が本格的な舞台デビューとなるベスは以前、作曲家マーヴィン・ハムリッシュの功績を称えるコンサート「One Singular Sensation: Celebrating Marvin Hamlisch」で、ニューヨーク・フィルハーモニックとパフォーマンスを行ったことがある。スクリーンでは『NYボンビー・ガール』のほか、アニメ映画『モンスターズ・ユニバーシティ』で声優を務め、『キャッスル ~ミステリー作家は事件がお好き』などの人気ドラマにゲスト出演している。

ベスのオフブロードウェイデビュー作となる『A Funny Thing Happened on the Way to the Gynecologic Oncology Unit』は、ルシル・ローテル・シアターにて5月19日(木)よりプレビュー公演が始まり、本公演は6月7日(火)に開幕する予定。なお、『NYボンビー・ガール』シーズン5後半は、米CBSにて放送中。(海外ドラマNAVI)

Photo:ベス・ベアーズ
(C)Izumi Hasegawa/www.HollywoodNewsWire.net

元記事を読む