1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「セックスを楽しめない」という女子が今すぐトライすべき4つのこと

「セックスを楽しめない」という女子が今すぐトライすべき4つのこと

  • 2016.4.8
  • 7026 views

彼とのラブライフを満喫している、そう自信をもって言える人は少ないのではないでしょうか。ほかのことはともかく、これだけはどうしても相手に遠慮や気兼ねをしてしまうという人も多いはず。

そこで今回は「パートナーとのセックスを楽しめない女子が今すぐトライすべきこと」をまとめてみました。

「セックスはうしろめたいもの」という考えを捨てる

セックスにどこかうしろめたいイメージを持っていないでしょうか。もしそうだとしたら、積極的に楽しめないのもムリはありません。「汚らわしいもの、いやらしいもの」と思っていたら、それを楽しもうとする自分も許せなくなってくるでしょう。

でも成熟したひとりの女性として、パートナーともっと愛し合いたいと考えるのは自然なことだし、もっと貪欲によりよいセックスを求めてもよいはず。パートナーの、そして自分のセクシャルニーズを肯定的に捉えることは、セックスに対してポジティブなイメージを持つための第一歩と言えます。

新しいことにも積極的に挑戦してみる

彼とのセックスがいつも同じようなパターンで新鮮味がなく、飽き飽きしている……。そんなことでは楽しめるはずもありません。もっと刺激的に楽しみたいと思うなら、新しいことにもっとオープンになる必要があります。たとえば――

・ 大胆なランジェリーをつける

・ 彼の好みのコスプレをして誘ってみる

・ ソフトタッチなSMプレイを試す

・ 彼と一緒に大人むけの官能映画を見る

などなど、自分が「これならできそう」と思えることからはじめてみましょう。どうしても羞恥心がとれないという人は、エッチのときはいつもの自分とは変わるんだと、気持ちを“オン”に切り替えてみるとよいでしょう。

そんないつもとは違う一面を見せることで、彼もよりいっそう盛りあがるはずです。そして彼から「こんなことしてみよう!」と提案があったときは、おもしろいかも? と思って応じること。なんでも「いや、そんなことしたくない」と否定してばかりでは、彼だってよりよいラブライフにしようという意欲を失ってしまいます。

自分からセックスをしかけてみる

セックスは彼が誘ってきたら応じるもの、自分から求めるなんてやっぱり恥ずかしい……。そんな古風な考えを持っている女性は今でも多いようです。でも対等なパートナーであるなら、女性側から誘ってみるのもおかしいことではありません。むしろそんな女性は大歓迎という草食系男子は多いくらいでしょう。

自分から積極的に誘うことで、受け身ではない自信が生まれるし、もっと楽しめるようにもなります。人間とは習慣による生き物ですから、頻繁に誘えるようになってくれば、それだけ経験値もあがり、体の相性もよくなってくるはずです。「一緒に楽しみたい、深く愛し合いたい」というピュアな気持ちをそのまま出せば、これ以上心強いものもないでしょう。

自分の身体についてもっとよく知ろうとする

セックスといえばオーガズム。でも女性がたっするのはそう簡単なことではないのです。性問題のエキスパート、トレーシー・コックさんによれば、女性がはじめてオーガズムを経験するのは、ほとんどの場合“ひとりエッチ”の最中だと言います。つまり自分の身体のことは、まず自分でよく知らなければ、他人とのセックスでも気持ちよく感じられないということ。

どこを、どんなふうに触られると気持ちよくなるか、自分でわかっていれば、相手にも伝えやすくなります。反対に相手任せのセックスばかりしていては、本当の快感を逃してしまうばかり。だからこそ、自分の身体についてもっとよく知ろうとする気持ちを大事にしましょう。

さあ、今までなにかくすぶるような思いを抱いていた人は、今すぐこれらのことをトライしてみてください。文句ばかり言っているわりになにもしない……。ではセックスを楽しむなんて夢のまた夢、自分らしく楽しめるように、まずは自分が変わってみる必要があります。

▽ 参考記事(海外サイト):The five sex sins all women are guilty of that are RUINING your love life

元記事を読む