1. トップ
  2. 恋愛
  3. 飲み会でモテろ! セクシーとだらしないの境界を学べ

飲み会でモテろ! セクシーとだらしないの境界を学べ

  • 2016.4.8
  • 1821 views

歓送迎会の時期は、年末年始に次ぐ飲み会シーズン! 普段の飲み会はパスでも歓送迎会だけは出るという人も少なくないので、業務で接点がない人とも話すチャンスだし、「こんな人いたっけ?」な社内での新しい出会いも意外にあるんです。そんな時は程よい色っぽさで「こんな子だったっけ?」と思わせることで恋の可能性が広がります。「清楚かつセクシー」のさじ加減を考えてみました。

本命女の口元は?

「清楚かつセクシー」なら口元の清潔感が大事。飲み会ではうるうるリップにしておきたいですが、頻繁に食べたり飲んだりする席ではグロスで盛るのは難しいもの。

グラスにべったり付いた口紅やグロスは不潔に見えるし、しょっちゅうお直しに立っていると、会話が弾みません。トイレにたったスキに狙った人の隣を奪われることもありえます。なにより、酔ってスキの出てきた顔にテカテカリップの組み合わせはだらしない女に見えるから、飲んでも食べても関係ないパーツで口元を盛ってみましょう。

パウダータイプのアイブローパレットにセットされている一番淡いベージュを唇の下のちょっと凹んだ部分に影を強調する感じで乗せます。さらに、ハイライトをあごの先に丸く乗せて下さい。こうすると、唇にグロスが乗っていない状態でも下唇がぷるっと見えるんです。色味はティント系のリップでプラスすれば飲んでも食べても落ちにくく、健康的。生まれつきみたいなキレイな唇に。

 

露出は胸以外で

座りっぱなしの飲み会での印象は、上半身が握ります。本命としてモテたいなら、分かりやすい露出は控えめに。胸元のあいた服は確かに注目を集めますが、実際、男性と向かい合って話をしてみるとすぐに分かるはず。「この人、胸ばっか見て話聞いてない!」と。

それが初対面で、お酒が入っているならなおさら。すごい美人なら話はまた違うのかもしれませんが、そんな時の男性はまず相手の話をちゃんと聞ける状態ではありません。チラつく谷間に気を取られて目の前のあなたがどんな子かという人間的な興味をもつ前に頭の中がエロモードに。

そうなったら、あなたの話にも上の空。アイコンタクトしようにもイマイチ、バチッと目が合いません。「あなたの中身・魅力で彼を落とす」チャンスを棒に振ってしまいます。

男性は「好きだからやりたい」はありますが「やりたいから好きだ」という心理状態にはまずならない生き物。無駄な性的アピールは寝た子(エロモード)を起こすだけです。「ジャケット・カーディガンを脱いだら下はノースリだった」くらいの露出にとどめておきましょう。

 

グラスにベッタリついたグロス、胸の谷間がチラチラ見える……。両方とも、初対面やオフィシャルな飲み会では「セクシー」より「だらしない女」に見えてしまいます。ポイントを押さえて本命女子の座を狙って下さい!

(中野亜希/ライター)

元記事を読む