1. トップ
  2. ファッション
  3. トゥービー バイ アニエスベー.が東京でショーを初披露 - 時計やバッグの新作も発表

トゥービー バイ アニエスベー.が東京でショーを初披露 - 時計やバッグの新作も発表

  • 2016.4.7
  • 1649 views

アニエスベー(agnès b.)が、東京・品川にてファッションショー「a whole story」を2016年4月7日(木)に開催。

「a whole story」では、トゥービー バイ アニエスベー.(To b. by agnès b.)のショーを日本のみで披露。さらに、パリで発表されたメンズとウィメンズの2016-17年秋冬コレクションのランウェイショー、キッズラインのアンファン(Enfant)やバッグコレクションのボヤージュ(Voyage)などの展示も行われた。

セカンドラインとして人気を博す「トゥービー バイ アニエスベー.」。特徴はベーシックなアイテムに差し込まれた、ドットやボーダーの定番柄、そしてアクセントとなるカラーリング。そんな遊び心を加えながら、女の子をハッピーな気持ちにしてくれるデザインが後を絶たなかった。

首元に小さなリボンを添えたパフスリーブのガーリーなブラウスには、大きくフラウンスを効かせたスカートを合わせた。モノトーンがメインのコーディネートのポイントとなったのは赤いベレー帽だ。

パープルのドットカーディガンは、ペグトップパンツを合わせてマニッシュにスタイリング。トレンチコートは、深みのあるボルドーのマフラーをプラスして一癖あるエフォートレスな着こなしに仕上げていた。その一方で、赤と紺のボーダーニットにバギーパンツをいうマリンテイストのワードローブも提案されていた。

その後に続いたのは、パリで発表されたコレクションの一部。ウィメンズコレクションでは、パリのランウェイで一際目を惹いた、テキスタイル・デザイナーのアンドラ・エグルストンによるカラフルな生地を用いたワンピースも、もちろん登場した。

展示では、ボヤージュの新作が並んだ。デザイナーのアニエス自身が撮影した花のプリントが鮮やかな限定クラッチバッグ、ブランドのアイコニックなカーディガンのディテールを採用した3WAYバッグなどがラインナップ。また、シャツの余り生地を使用した毎年人気のかごバッグも。こちらは、2016年4月13日(水)より発売される。

人気のウォッチも注目したいポイント。4月下旬より発売となるのは、手書き数字シリーズの「マルチェロ!(marcello!)」。メンズ・ウィメンズともに使えるモダンなデザインが魅力の1本だ。そして、6月より同シリーズからブティック限定のレインボーカラーも登場。ベルト部分が、ピンクやブルー、ホワイトといった6色で展開されるので、お気に入りのカラーを見つけてみてはいかがだろう。

また、アニエスが撮った虹の写真からインスピレーションを得た、数字がグラデーションのデザインも。少し細めに設定されたベルトが、腕元を華奢に見せてくれる。ベルトの色は、ホワイトとブルーが用意され、各限定800本の発売となる。

本会場では、40周年を記念して制作されたTシャツの展示も行われた。写真やグラフィックなどの愛好家でもあるアニエスのそれらに向ける情熱が、このたび遂に具現化。Tシャツやバッグなどのコラボレーションアイテムの新作と、過去に発表した名だたるアーティストとの作品の復刻版が、5月下旬より順次、店頭にて展示販売される予定だ。

元記事を読む