1. トップ
  2. 恋愛
  3. 彼がドン引きする「ポイントカード使い」!非モテとやりくり上手の境界は?【恋占ニュース】

彼がドン引きする「ポイントカード使い」!非モテとやりくり上手の境界は?【恋占ニュース】

  • 2016.4.7
  • 611 views

通販、コンビニ、スーパー…買い物では様々なポイントがたまりますよね。誰でも何かしら集めているのではないかと思います。

上手に活用すれば、年間数万円分お得になることもあるし、ぜひとも賢く活用したいところ。でも、ためるのに必死になりすぎると、逆に損をしたり、周りに引かれてしまうことも…。

どこまでなら“やりくり上手”なのか、またどういった行動がNG判定されるのか? 20~40代の一般男性の声から分析します。

◆ポイント集め、やりすぎの境目は?

一口にポイントといっても種類は豊富。

クレジットカード、電子マネー、Tポイントなどのポイントサービス、通販サイト、ショップオリジナルのポイントカードまで――“やりすぎ”の境目はどこなのでしょうか?

・「ポイントをためること自体は問題ないが、たくさんカードを持ってるのはどうかと思う」(30代)

・「どれもあり。きれいに整理・管理していればOK」(40代)

・「個々の価値観で決めるものだから、周りがとやかく言うことではないと思う」(40代)

ということで、“ポイントをためること”自体にネガティブな印象はない、というのが男性たちの総論でした。

問題になるのはポイント集めにまつわる振る舞いや言動のようです。

◆悪印象になるのはどんなケース?

それでは、具体的に男性が“引いた”エピソードをご紹介します。

◎むしろ損なのでは?“本末転倒”パターン

・「ポイントをためるために、遠くの店まで車で買い物に行くのは意味がないと思う。ガソリン代のほうが高くつく」(40代)

・「ポイントカードを分厚いフォルダに入れてマメに管理している人がいましたが、ネットで3分の2の値段で買えるものをデパートの友の会を利用して買っていた不合理性には“ん?”と思いました」(40代)

そもそも何のために集めてるの?という問題。

少なからず労力がかかっているのに、実は損していた…そんなことがないようトータルで考えたほうが良さそうですね。

◎選ぶ基準が「ポイント対象かどうか」

・「外で食事するとき、本当に行きたい店よりポイントが使える店に行こうと言われた」(40代)

・「『ポイントカードがあるから』と、時間をかけて遠くの美容室に通っている」(30代)

サービス提供側の“囲い込み”の思惑にハマッているパターンでしょうか。

美容室のようにひとりで完結することならまだしも、一緒に食事に行くときの店選びは相手も巻き込むもの。“ポイントがたまったら(使えたら)ラッキー”くらいに考えておきましょう。

◎たかがポイントカードじゃん…固執しすぎ

・「よくランチに行くお店(夜は居酒屋)のポイントをためていて、あと少しで全部たまるというところで閉店になってしまい、怒り狂っていた女性(30代)がいました。ちなみに一度一緒に行ったとき、『今日も大盛り?お連れさんは?』と言われて気まずそうでした」(30代)

悔しい気持ちはわかりますが、固執しすぎるのも問題のよう。また、ポイントをためるほど常連になっている店だと、気になる男性に見せたくない一面がバレてしまうかも?

・「ポイントはすべてアリだけど、すぐに出せないときは無理して探さなくてもいいと思う」(40代)

レジが混雑しているときなど、周りの状況を見て迷惑にならない配慮も必要ですね。

◎危険度MAX!“ドン引きレベル”のマナー違反

・「彼女と行こうと話していたお店を気を利かせて予約したら、『期間限定で使えるポイントがあるから私が予約する。キャンセルして』と言われた」(30代)

・「自分の買い物を現金で払おうとしたら、彼女にクレジットカードを渡されました。『ポイントたまるから。あとで現金で返してね』って…」(20代)

お得を追求するのは悪いことではないけれど、相手にひと手間かけさせてしまう行動は慎みたいところ!

でもこれはまだかわいいほうだと思える驚きの体験談が…。

・「彼女と初めて行ったラブホテルで、ポイントカードを出された」(30代)

マナー違反では収まらない問題行動!

これはレアなケースだと思いますが、自分の自宅近くにないスーパーやカラオケ店など、元カレを匂わすポイントカードも同じく危険。一度財布の中をチェックしたほうがいいかも?

◆あなたは大丈夫?NG言動チェックリスト

コメントをいただいた男性陣の意見をもとに、NGポイントをチェックリストでまとめてみました。

□お財布がパンパン

□他人の買い物で自分のカードを出す

□他に安く買える店があるのに、ポイントがたまる高い店で買う

□混雑したレジでカードをいつまでも探し続ける

□ポイントがたまる(使える)かを基準に店選びをする

□大人数の飲み会で全員の会計を自分のクレジットカードで支払うことが多い

いずれもその場の状況や雰囲気、相手との親密さ、程度の差によりますが、とりあえず思い当たる項目があった人は要注意!

“やりくり上手”というポジティブ評価を得るためにも、スマートに活用したいですね。

(文=橘いつき)

元記事を読む