1. トップ
  2. レシピ
  3. 『ゲーム・オブ・スローンズ』最重要キャラは誰? 応用数学で解析

『ゲーム・オブ・スローンズ』最重要キャラは誰? 応用数学で解析

  • 2016.4.6
  • 2898 views

ファンタジー世界を舞台に多数の登場人物の思惑が錯綜する、米HBOの大河ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』。その真のヒーローが誰かを、数学者たちが導き出したことを、Quartzが伝えた。

undefined

【関連記事】『ゲーム・オブ・スローンズ』ティリオン・ラニスター役 森川智之インタビュー!「ティリオンの人間的魅力にすごく惹かれます」

この解析を行ったのは、米マカレスター大学のアンドリュー・J・ベヴァリッジ准教授と大学生のジー・シャン。二人は、「ネットワーク・サイエンス」を用いた解析のプロセスと結果を、全米数学協会の会報誌Math Horizonsに発表した(ネットワーク・サイエンスは、米国家安全保障局がテロリストのネットワーク解析に用いている学問でもある)。

具体的には、原作小説の第三巻「剣嵐の大地」において、登場人物の交流を記録し、15ワード以内に二人の人物が登場したところで、「つながり」を生成。どのくらいの頻度で二人が接近するかに応じて、つながりに重みを与えた。こうして出来上がった人物相関図は、物語世界における地理や家系、敵対関係を正確に反映したものとなった。

ベヴァリッジ准教授らはさらに、つながりのできた人数や、つながった相手のネットワークにおける重要さなど、異なる指標から登場人物をランク付け。その結果、一つを除いた全ての指標でランキングの一位に上ったのは、ドラマ版でピーター・ディンクレイジが演じている"ティリオン・ラニスター"だったということだ。

さらに、ティリオンの次にランクインしたのは、スターク家の私生児"ジョン・スノウ"、その次がスターク家の長女"サンサ・スターク"だったとのこと(それぞれ、ドラマ版ではキット・ハリントンと、ソフィー・ターナーが演じている)。

なお、ドラマ版でエミリア・クラークが演じる"デナーリス・ターガリエン"は、ウェスタロス大陸から離れたエッソス大陸にいるため、他の登場人物に押される結果となっている。ただし、人脈の連鎖から見て重要な存在であることは確かなようで、ベヴァリッジ准教授は「デナーリスは未来を象徴する存在。彼女とつながりのある人々から、将来何が起こるのかを見定めることができる」と述べている。(海外ドラマNAVI)

Photo:『ゲーム・オブ・スローンズ』
(C)Game of Thrones (c) 2015 Home Box Office, Inc. All rights reserved.
HBO(R) and related service marks are the property of Home Box Office,
Inc. Distributed by Warner Bros. Entertainment Inc.

元記事を読む