1. トップ
  2. レシピ
  3. 陰陽五行でハッピーに!オーラを整え恋を呼び込む恋運レシピ 秋生まれ編

陰陽五行でハッピーに!オーラを整え恋を呼び込む恋運レシピ 秋生まれ編

  • 2016.4.5
  • 9087 views

陰陽五行は2つの考え方と5つのエレメントで説明されます。「陰・陽」は、女性(陰)と男性(陽)がそうであるように、お互いを支え合っている存在です。このバランスがものごとの調和を保つものとするのが「陰・陽」の考え方です。

そして五行は木「春」・火「夏」・土「季節の変わり目」・金「秋」・水「冬」の5種で自然現象の四季変化を観察し抽象化されたもの。その思想に根ざして、オーラのバランスを整えるための恋運レシピをご紹介。

今回は金「秋生まれ」(8月8日~10月20日)の人に向けての恋運アップ法を伝授しちゃいます!

■秋生まれ(8月8日~10月20日)の人の恋と性格

秋生まれの人は、鋭く引き締まった金のエネルギーを持っています。そのため、恋にも負けず嫌いで物事を白黒はっきりさせたがる性格の持ち主と言えるでしょう。

とても集中力があり、好きな相手に対しても徹底的にアタックしようとするため短時間で恋を成就することもできるはず。

ただ、考え方としては合理的でムダを嫌う傾向が強いタイプなので、少しドライな印象になりがち。秋の気のように潔く、恋の深みを噛み締めることでロマンチストになれるでしょう。

■秋生まれ(8月8日~10月20日)の人の恋愛体質

秋生まれのあなたは、血流をよくすることが大切。どこか冷めたあなたの心に恋の炎がともるはず。肝臓の機能があまり強くない人が多いので、貧血になりやすい傾向があるようです。そのため、肝臓や血液を補う食べ物を取るようにしましょう。顔の血色もよくなり、肌のくすみも消え麗しい容姿に。

また、髪は艶やか、黒目にも光が出てくるため可愛らしさもUPするでしょう。そこで今回は手軽に木のエネルギーを高め、血流をよくして緊張をほどいてくれる開運レシピをご紹介致します。

■秋生まれ(8月8日~10月20日)の人の恋運レシピ

メイン食材・・・血を増やし、貧血を治す「いか」いかとすだちのブルスケッタ

・材料いか・・・1/2杯すだち・・・2個フランスパン・・・1/2本にんにく・・・2片A EVオリーブ油・・・大2塩、こしょう・・・各適量

・作り方(1)フランスパンは5mm厚さに切ってトースターで焼き色をつけ、にんにくの半量を半分に切ってこすりつける。(2)いかは細切りにする。(3)すだちは皮を1個分のみ擦って、実は絞る。(4)残りのにんにくをすり下ろしたもの、(2)、(3)、Aを混ぜ、(1)にのせて頂く。

■恋運五行レシピがもたらす効果

この開運レシピを、不足しがちな「木のエネルギー」を高めたい時に食してみて下さい。

魅力を高める食材としては、豚レバー、鶏レバー、鶏卵などの濃厚な肉類、あじ、いわし、さんま、まぐろなどの魚介類に、にんじん、れんこん、ほうれん草、しそなどの野菜類、その他昆布、ひじき、ぶどう、ライチなどが効果的。弱い木のエネルギーを高めるには、酸味や酸っぱさのあるものを食する事がポイント。

筋肉を縮め体内に水分を蓄えることで美しくなれるはず。あなたの持つ清廉さが発揮され、愛する人に魅力が伝わるでしょう。

■おわりに

中国古来の文献には、食べ物の持つ属性が陰陽五行の観点から人体に与える影響について書かれています。薬膳料理などが「身体で弱い部分は、食べて補う」という発想なのと同じということですね。

易学研究で有名な陳怡魁(ちんいかい)先生もこの点に注目し、色の重要性を説いているとされます。自分の持つ性質から、自分に必要な栄養を取り入れる、この「恋運レシピ」。どうぞ日々の食生活の中に取り入れてみて下さいね。。(脇田尚揮/ライター・料理研究家HITOMI/監修)

(ハウコレ編集部)

元記事を読む