1. トップ
  2. グルメ
  3. すべて手作業のBean to Bar #蔵前 #​ダンデライオン・チョコレート #おしゃれカフェ Vol.15

すべて手作業のBean to Bar #蔵前 #​ダンデライオン・チョコレート #おしゃれカフェ Vol.15

  • 2016.4.5
  • 593 views

ものづくりの町として注目されている蔵前に、サンフランシスコ発祥のBean to Bar「ダンデライオン・チョコレート[ファクトリー&カフェ蔵前]」の、ファクトリースタイルのカフェが2016年2月にオープンしました。

Bean to Barとは…カカオ豆の状態から板チョコレートになるまでの工程を一貫して行う、米国でのクラフトブームの中から生まれたチョコレートの新しいジャンル

カカオ豆の選別、焙煎、摩砕、調合、成形などのすべてが手作業で、ひとひとつの仕上がりにこだわり、スモールバッチ(小ロット生産)に徹しています。

築60年になる倉庫を改装し、全体に木を使用した外観はナチュラル、カカオの形にも見えるブランドロゴが目を引きます。

■シルクスクリーン印刷がすてき! 手土産にも◎

入り口近くの部屋では、ベネズエラ、ベリーズ、マダガスカル、エクアドル、タンザニアなどのたくさんのカカオ豆が温度湿度管理され、保管されていました。

チョコレートバーは季節に応じてラインナップが変わります。

酸味があるもの、エスプレッソとシナモンのように感じるものなど、カカオ豆によって香り、風味が全く異なります。

チョコレートのラッピングペーパーはすべてインド製、昔ながらの方法でシルクスクリーン印刷されたもの、プレゼントにも気が利いています。

1階はファクトリーとスタンド。

チョコレートの製造工程を間近で見ながらサンフランシスコ本店の味を再現したチョコレートドリンクとスイーツが楽しめます。

2階がワークショップスペースを兼ね備えた開放感があるカフェスペース。

■濃厚なホットチョコやティラミスがおいしい

窓からたっぷり入る陽光と高い天井、ゆったりとしたソファー席もあり、ひとりでも大人数でも、お子様連れでも、それぞれの場所でくつろぐことができそうです。

コールドドリンクの中から、めずらしい「カカオフルーツ スムージー」をチョイス。

カカオフルーツ スムージー 630円(税抜)

茶色いドリンクを想像していたら、乳白色のスムージーで、味はまるでライチ、まろやかでとてもおいしい。

食べごたえ十分のこってり「ティラミス」や、イタリア風の温かい飲みもの「ヨーロピアンホットチョコレート」は濃厚でチョコ好きには絶対オススメ!

ティラミス 500円(税抜)

ヨーロピアンホットチョコレート クッキー付き 530円(税抜)

コロンとしたオリジナルのカップも手なじみがよく、チョコレートと器の色のコンビネーションが美しい。

シングルカカオ豆からどんな風にチョコレートが作られるかを見て、作りたてを味わう。きっと新しいチョコレートの発見があるはず。

隅田川のお花見や、東京イーストエリア散策のときには、外せない一軒になりました。

DANDELION CHOCOLATE

東京都台東区蔵前4-14-6

tel.03-5833-7270

10:00-20:00(LO 19:30)

(vingt-deux)

元記事を読む