1. トップ
  2. ファッション
  3. mame 2016-17年秋冬コレクション - 現実と夢の狭間で繕う、深い眠りのための服

mame 2016-17年秋冬コレクション - 現実と夢の狭間で繕う、深い眠りのための服

  • 2016.4.4
  • 1125 views

mame(マメ)の2016-17年秋冬コレクションが発表された。

今季も「Alchemist」と題された、デザイナー黒河内真衣子の旅は続いている。現実と夢の狭間に広がる儚げなムード、古い屋敷を改装したホテルの雰囲気、旅の最中で出会った老夫婦。それらの要素一つひとつが、クリエーションの中に落とし込まれ、艶やかさを秘めたコレクションを築き上げている。

肩のラインは落ち、アームラインは驚くほどに大きなガウンコートは、アイコンルックに。ビックシルエットの特性を活かし、ボリューム感のあるドレスとワイドパンツを合わせたり、胸元が大きくあいたカットソーを差し込んだり。少し短めに設定した袖口から、柄インナーをのぞかせたり。様々なレイヤードスタイルを生み出している。

パンツスーツを筆頭に、少しだけ香るマスキュリニティ。ミリタリー調の布地は、洗いをかけたり、切り裂いて編み込んだりして、ソフトに。キルティングは、光沢を足して、女性らしさへと近づける。

一方で、繊細なテキスタイルは今季も健在。羊をイメージしたというドット柄のジャカード、金刺繍で縁取った花模様、黒河内自らパッチワークしたオリジナルパターン。古い邸宅にある壁紙をイメージしたというジャカードは、美しいライトブルーに染め上げ、色っぽく仕上げた。

コーディネートの幅を広げたのも、今季の特徴。編地や糸を変えて表情を出したニットや刺繍入りの羽織りなどを仲間に加え、オリジナリティをプラス。ナイトウェアのようなルーズシルエットも、デコラティブなベルトやアクセサリーなどの小物で着飾り、ドレスのような華やかなものへと昇華させている。

元記事を読む