1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 「土木展」六本木で開催 - 身近すぎて気付かない、土木のデザインや魅力を再発見

「土木展」六本木で開催 - 身近すぎて気付かない、土木のデザインや魅力を再発見

  • 2016.4.4
  • 627 views

「土木展」が、東京ミッドタウン内の21_21 DESIGN SIGHTで開催。期間は2016年6月24日(金)から9月25日(日)まで。

土木と聞いて思い浮かべるのは何だろう。普段は私たちの生活の近くにありすぎて気付かない、橋やダム、上下水道、そして道路や鉄道…。これら日常生活の土台は、古来の伝統技術、近代における研究と技術の発展など、多くの努力と工夫が積み重なって形成されているのだ。本展では、そんな土木のデザインや歴史を見つめ直し、何気ない生活基盤のデザインや魅力を再発見できる。

会場では、自然と向き合う日本の名土木をマップで紹介するほか、プロジェクションやドローイングを通して暮らしにおける土木の背景を見つめ直すイントロダクションも。また、「土木オーケストラ」と題された展示空間では、高度経済成長期から現代にいたる土木の歴史を、その迫力を音と映像で表現する。

さらに道路や橋などの土木施設を「ほる」「ためる」「つむ」「ささえる」などの行為を通して分析し、多彩なアーティストやエンジニア、リサーチャーによるインスタレーション作品を通して、楽しく、わかりやすく伝えてくれるのも魅力。そして土木現場作業員の想いを、写真とポエムで紹介するポイントも見逃せない。

他にも、来場者自らが砂場遊びを通して土木の設計者となれる「土木で遊ぶ」コーナーや、日本が世界に誇る技術力や、世界の様々な土木の事例を紹介するコーナーも。自然や歴史に向かい合いながら私たちの生活基盤を支えてくれている土木への見方を変えてくれる展示会になりそうだ。

【概要】
「土木展」
開催期間:2016年6月24日(金)〜9月25日(日)
会場:21_21 DESIGN SIGHT(東京ミッドタウン・ガーデン内)
住所:東京都港区赤坂 9-7-6
開館時間:10:00〜19:00(入場は18:30まで。)
入場料:一般 1,100円、大学生 800円、高校生 500円、中学生以下無料
TEL:03-3475-2121

元記事を読む