1. トップ
  2. レシピ
  3. もっちり食感の“はりねずみパン”が人気!西荻窪のちいさなパン屋さん「えんツコ堂製パン」

もっちり食感の“はりねずみパン”が人気!西荻窪のちいさなパン屋さん「えんツコ堂製パン」

  • 2016.4.3
  • 6309 views

食べるのがもったいほどかわいらしい「西荻ハリー君」が話題の「えんツコ堂製パン」。 こちらのお店のパンには、トレードマークのふくろうの焼印が押されていたりと、目でも楽しめる工夫がいっぱいです。 ガラスの引き戸を開けるとふわっと漂う甘〜いパンの香り。早速中に入ってみましょう。

40種以上の豊富な品揃え。食事によく合うシンプルなパン

西荻窪駅から徒歩7分のところにある「えんツコ堂製パン」。

店名の「えんツコ」というのは、昔、主に東北地方で使われていた藁で編んだゆりかごのこと。店主の勇さんが、言葉の響きに惹かれて名付けたそうです。

小さなお店ですが、平日は40種類、土日になると50種類ほどのパンがずらりと並んでいて、人気のパンは午前中のうちに売り切れてしまうことも。

全て北海道産小麦を使用していて、食事に合わせて食べられるシンプルなパンがメインです。

西荻窪の愛されパン。チョコたっぷりの「西荻ハリー君」

お店の名物は、はりねずみの形をしたチョコパン「西荻ハリー君」(240円)。

もちもちの白パンの中に、ベルギー産のチョコチップがぎっしりと詰まっています。つぶらな瞳はカレンツ。

もともとは丸いチョコパンだったのですが、クリスマス限定で子どもが喜ぶ形に作り変えたところ、あっという間に人気が出て、そのままお店の看板商品になったそうですよ。

ふくろう or はりねずみ?パンに押された2種類の焼印

「えんツコ堂」のパンには、かわいい焼印が押されたものも。焼印は、トレードマークのふくろうと、ハリー君をイメージしたはりねずみの2種類があります。

こちらは、素材そのままの味が楽しめる「プレーンベーグル」(190円)。どっしりしていて噛みごたえがあり、トーストすると小麦の香りがより際立ちます。

食パンは焼印によって種類を見分けることができます。

ふくろうの食パンは、「えんツコトースト」(400円)。フランスパン風の食感で、自家製酵母が香る素朴なタイプの食パンです。

はりねずみの食パンは、「白神はるゆたか食パン」(420円)。はるゆたかブレンドという粉を使っていて、ほんのり甘みのあるリッチなテイストの食パンです。

シンプルな「バゲット」は曜日によって別種類も登場

小麦粉と酵母と塩だけで作ったシンプルな「バケット」(280円)は、ブルスケッタやフレンチトーストなど、様々な料理にアレンジしやすい商品。

土曜日には、春よ恋の全粒粉100%の「全粒粉バゲット」(250円)、日曜日には、炒り玄米粉を入れた「玄米バゲット」(330円)も登場します。

ふんわりやわらか。赤ちゃんのおしりみたいな白パン

まるで赤ちゃんのおしりのようにふんわりやわらかな「おしりパン」(110円)。

自然な甘さが際立つ「白神こだま酵母」を使用していて、フルーティな香りがするとても食べやすいパンです。

小さな子どもに初めて食べさせるパンとして選んでいく人も多いそうですよ。

季節に合わせて登場する、期間限定のパンも

1ヶ月半〜2ヶ月の周期で、季節に合わせた期間限定商品が登場するそう。

今の時期のおすすめは、くるみとゴマを入れた「味噌ベーグル」、黒糖がアクセントの「よもぎあんぱん」、桜の葉を練りこんだ「桜とホワイトチョコのスコーン」など。

「えんツコ堂」のかわいいパンたちは、食卓に笑顔を運んでくれそうですね。

元記事を読む