1. トップ
  2. ファッション
  3. ミュウミュウ 16年秋冬コレクション - 意表を突くミックス、メンズウェアが引き出すフェミニニティ

ミュウミュウ 16年秋冬コレクション - 意表を突くミックス、メンズウェアが引き出すフェミニニティ

  • 2016.4.3
  • 3964 views

ミュウミュウ(MIU MIU)の2016-17年秋冬コレクションは、様々なキャラクターを持ち合わせる女性を表現。カントリーガールが手持ちのアイテムでいかに良く見せ、いかに自分のパーソナリティにあった着こなしをするかにこだわったようなコーディネートを提案する。

ショーの前半は、濃淡さまざまなデニムがワードローブを彩る。ベルベットが、袖や肩の部分にだけ配されたジャケットやコートは、丈感の異なるショーツや袖長のシャツ、スカートにレイヤードされ、素材・スタイリング両面で多彩なバラエティを披露。またジャケットの上からベルトを巻くなどフェミニニティをプラスするひと手間を怠らない。

デニムの波が去るとともに現れたのは、絨毯やカーテンなどに用いられるような総柄のファブリックだ。マキシ丈のスカートだけに取り入れたコーディネートや、色・柄ともに違うテキスタイルを敢えてぶつけてみたもの、ターコイズ×レッド×ラベンダーという、誰も挑戦しなかったような色使いなど布にメッセージを乗せたワードローブが観衆の目を奪う。

中盤以降にランウェイを彩るのは、燕尾のジャケットやジョッパーズパンツなど、紳士が着るようなアイテムをメインに据えたもの。太ももの部分で膨らんだ特徴的なシルエットを生かすように、短く設定されたトップス、それとは対照的にフェミニンなサンダル、パンツと同素材でセットアップにしたもの…。メンズを押し出すからこそわかる女性の魅力がここぞとばかりに滲み出る。

ラストには、コレクションを総復習するように、デニムや総柄、メンズライクなシルエットなどが組み合わせられたコーディネートが連続して登場。淡い色合いと光沢、それに反骨するようにあるデニムが、今シーズンの多様性を象徴するようだった。

元記事を読む