1. トップ
  2. ダイエット
  3. ちょっと待って慌てちゃダメよ! 彼の看病でやってはいけない行動3つ

ちょっと待って慌てちゃダメよ! 彼の看病でやってはいけない行動3つ

  • 2016.4.3
  • 20306 views

まだまだ寒い日があったりと、体調管理が難しいですね。インフルエンザなどのウイルスは、対策をしていても容赦なく私たちに襲ってきますね。
もし! あなたの大好きな彼が体調を崩したらどうでしょうか。「押しかけて迷惑にならない?」「何をしてあげれば良いのかわからない!」と悩んでしまう女子も多いのでは? そこで今回は「彼の看病でしてはいけない3つのNG」をご紹介いたします。

1:いきなり押しかけはNG

「体調を崩してしまった」と連絡が来たからといって、いきなり押しかけては行けません。まずは、どういう状況なのか確認し「心配だから行ってもいい?」と必ずアポは取りましょう。「うつると行けないから大丈夫」、「寝てれば治るから大丈夫」などの返信がきた場合は何度かやり取りし、「何かあったらすぐ言って」と伝え、しばらく様子をみましょう。心配だからと言って頻繁に連絡するのは止めましょう!
 

2:張切りすぎはNG

彼の看病に気合が入るのはわかりますが、やり過ぎはダメです!
体力を付けさせようと食欲がないのに無理やりご飯を食べさせたり、彼が寝ているのにバタバタと部屋の掃除を始めたり、良かれと思ってやった事が逆に迷惑になる可能性があります。
彼にゆっくり休んでもらう事が重要ですので、あなたがやってあげたい事をするのではなく、彼が望む事をやってあげましょう。
 

3:長居はNG

必用なもの渡したり、ご飯を作ったりして一通り落ち着いたら早めに帰りましょう。
彼も休むのに一人の方が、気が楽ですからね。また感染能力の高いインフルエンザなどの場合、あなたに感染してしまう可能性が高い為長居はしない方が良いです。
朝まで看病したい気持ちはわかりますが「一緒にいて」、「もう帰っちゃうの?」などの彼からの要望がない場合は、お泊りはしないようにしましょう。
いかかですか? はりきり過ぎて「もういいから早く帰ってくれよ~!」と思われないように気を付けましょうね。くれぐれも、うつらないように配慮する事は忘れずに。(斎藤奈々子/ライター)
(愛カツ編集部)

元記事を読む