1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 『フレンズ』のあの曲は実は違うタイトルだった!

『フレンズ』のあの曲は実は違うタイトルだった!

  • 2016.4.3
  • 5971 views

ニューヨークに暮らす男女6人の友情や恋愛模様を綴った大人気コメディ『フレンズ』。同番組の中で印象的なある曲のタイトルが、もともとは違うものだったことが明らかになった。英Digital Spyが伝えている。

undefined

【関連記事】【密着取材】声優・田中敦子と共に巡るLAツアーレポ<2日目> 『フレンズ』カフェ セントラルパークのセットで「猫はくちゃい」を熱唱!!

舞台裏を明かしたのは、脚本家のベッツィー・ボーンズ。ボーンズはシーズン2第6話を執筆したが、このエピソードの中で初めて登場した、リサ・クドロー演じるフィービーが歌う曲「Smelly Cat(クサい猫)」は、実は「Smelly Dog」だったという。

米Refinery 29のインタビューで、脚本を書く際に自分の生活からインスピレーションを受けると語ったボーンズは、実際に当時、においの強い犬を飼っていたと説明。「本当にきついにおいのする犬を飼っていたの。でも、"猫"の方が面白いだろうってことで変更されたのよ。私の犬はゴーダという名前だったけど、それはあの子のにおいが嫌なチーズみたいだったからなの」と明かした。

この曲は、のちにフィービーの定番曲となり、猫用トイレのCMに使用されたり、オリジナルのミュージック・ビデオが製作されたりするほど人気を集めた。(海外ドラマNAVI)

Photo:『フレンズ』
(C)Warner Bros. Entertainment Inc.

元記事を読む