1. トップ
  2. 恋愛
  3. 恋を逃してる?? やっちゃいけない嫌われツイート!

恋を逃してる?? やっちゃいけない嫌われツイート!

  • 2016.4.3
  • 14915 views

自分の思いを気軽につぶやけるTwitter。だからこそ、ふとしたつぶやきのせいで、好きな男性に嫌われてしまったら大変。今回はやってはいけない嫌われツイートをご紹介します。

悪口はご法度!

基本的にTwitter上で悪口を言うのは、人の陰口を叩いているのと同じことだと思った方がよいでしょう。仮に悪口の相手が特定できないようにしたとしても、誰かの悪口を言っていることに変わりはありません。男女問わず、悪口を言う人を好きになることは少ないですよね?
中でもTwitterはつぶやいたら終わりではありません。記録として残る上に、不特定多数の大勢の人に見られてしまいます。その中に好きな男性がいないとは限らず、一番嫌われたくない人に嫌われることになってしまったら……くれぐれも自分のアカウントで悪口を言うのはやめましょう。
 

自慢ばかりの女は面倒!?

いいことがあったら、人に伝えたいと思うのは当然のこと。でも、そればかりだと嫌われる原因になりかねません。露骨に自慢するのはもちろんですが、自分ではその気がなくても自慢ツイートになってしまうこともあります。「○○に行ってきた」「○○を買った」など、何気ないことでも自慢と受け取る人はいるものです。
たまになら話の種にもなりますが、くれぐれもやりすぎには気を付けてください。下手をすると、人から「すごい」「いいね」と褒められたい面倒な女だと思われてしまうかも……また、自分の写真などを上げすぎるのも、相手をうんざりさせてしまうかもしれないので気をつけましょう。
 

ため息ツイートは見たくない!

嫌なことやちょっとした不満をつぶやけるのが、Twitterのよいところではありますが、これもやりすぎには要注意。「はあ……」「嫌だなあ……」などのつぶやきは、具体性がないからこそ気に障ります。自分のことを気にかけてほしい、かまってほしいという気持ちの表れと受け止められることもあるでしょう。
不満が多く、悲観的な考え方をする人に見え、印象がよくありません。良い恋を掴みたいなら、ネガティブなツイートは控えた方が賢明です。

誰に見られるかわからない!

いかがでしたか? たとえ好きな男性や気になる人にフォローされていないとしても、いつ誰が目にするかわからないのがTwitterです。恋を逃さないためにも、ツイート内容には十分に気をつけましょう。もしも、どうしても悪口や不満をつぶやきたいなら、別のアカウントを作って鍵をかけることをおすすめします。
(愛カツ編集部)

元記事を読む