1. トップ
  2. レシピ
  3. 桜の下で熱々おでん! お花見におすすめな「スープジャー」レシピ

桜の下で熱々おでん! お花見におすすめな「スープジャー」レシピ

  • 2016.4.2
  • 2351 views

こんにちは。ママライターのamuです。

2016年の流行色が“ローズクォーツ”と“セレニティ”の2色と発表されました。店頭に並んだ春らしい服や小物を、手に取った人も多いのではないでしょうか?

ウキウキと心が弾みオシャレしたくなる春、お花見でも薄着の女子をたくさん見かけますが、長時間外にいたときの寒さときたらまるで冬! そんなとき、持っていると重宝するのがスープジャーです。

少なくとも5~6時間は熱々のまま料理を保存できる優れものです。私も今年購入し、ママ友達にオススメメニューを聞いたので、まとめてみました。

●スープジャーにおすすめのレシピ

●ガッツリ食事系

・麻婆豆腐

・鍋キューブでプチ鍋

・おでん

・もつ煮込み

・肉じゃが

・クリームシチュー

・トマトシチュー

・煮込みハンバーグ

・チーズリゾット

・おかゆ

『バゲットやおにぎりなどを持ってくるママも多いから、ブルスケッタ風にしたり、丼ぽくしたり、合わせて食べられて好評だった』(30代ママ)

『激辛麻婆を持っていったら、辛さと熱さでだいぶ温まった』(20代ママ)

もともと冷めているもの、冷めてもおいしいものが多いけれど、注目したいのがおでん!

本当は、みんな熱々のものを求めているんですよね。熱々おでんを持っていけたら、人気も上々間違いなし です。

●ポカポカスープ系

・ミネストローネ

・ポトフ

・コーンスープ

・クラムチャウダー

・オニオングラタンスープ

・味噌汁や豚汁

『味噌汁の場合は、フリーズドライの具材を別で持っていくと、汁をそのぶんたくさん入れられるからオススメ』(30代ママ)

『子どもが好きなコーンスープは毎年絶対はずせない』(20代ママ)

『オニオングラタンスープは、注いだあとチーズだけあとから乗せてあげる』(30代ママ)

お湯だけ入れていって、レトルトのもので直前に作るのもよさそうです。

●ほっこりスイーツ系

・おしるこ

・焼きりんご

・甘酒

『りんごを食べやすい大きさに切って、バター、シナモン、砂糖で甘い焼きりんごを作ったら子どもが喜んだ』(30代ママ)

ポカポカになる甘酒もいいですよね。これを聞いて、私は絶対ホットワインを作ろうと思いました。

----------

スープジャーには、250mlくらいのものから、大容量の550mlくらいのものまであるそうです。

専用ケースに入れたり、タオルでくるんだり、料理を入れる前に熱湯でジャーを温めてから入れたりすると、保温効果が高まるとのこと。

以上、参考になればうれしいです。凍えずに楽しい時間を過ごすことができますように。

●ライター/amu(ママライター)

●モデル/大上留依

元記事を読む