1. トップ
  2. レシピ
  3. 見た目もきれい! “フルーツウォーター”で美人度を上げよう!

見た目もきれい! “フルーツウォーター”で美人度を上げよう!

  • 2016.4.2
  • 5861 views

出典:

We Heart It

undefined

お水にカットフルーツを浮かべただけの“フルーツウォーター”、簡単で、ガラス製のジャグに入れれば見た目もおしゃれなこのドリンクを、気軽に楽しんでみませんか? フルーツのほか、ハーブなどもとり入れれば栄養分やミネラルをより吸収しやすくなります。その楽しみ方をご紹介しましょう!

“フルーツウォーター”を作る前の注意点5つ

出典:

We Heart It

undefined

1: 余分な化学物質を除くためにも、フィルターされたお水やミネラルウォーターをつかう

2: フルーツはなるべくオーガニックのものを使用し、そうでない場合は皮をあらかじめむいておく

3: フルーツをスライスするさいはなるべく断面を大きくして、果汁が水に染み出るようにする

4: フルーツウォーターを作ったら、冷蔵庫で1時間~1日ほどよく冷やしておく

5: フルーツウォーターに決まったレシピはありません。さまざまなフルーツやハーブを組み合わせて、好みの味を見つけましょう

どんなフルーツやハーブを使ったらいい?

フルーツウォーターは素材を自由に組み合わせられるのが魅力ですが、人気の高いものをあげてみると……

ベリー類

出典:

We Heart It

undefined

鮮やかな赤や紫のベリー類は、彩りを添えるだけでなく、強力な抗酸化物質であるポリフェノールが豊富です。心臓病やガンの予防効果があり、そしてもちろんアンチエイジング効果も高いと言われています。冷凍モノでも栄養価は変わらないので、気軽に使ってみましょう。

柑橘類

フレッシュ感を与えてくれる柑橘類のオレンジ・レモン・ライム・グレープフルーツなどはビタミンCが豊富で、免疫力アップに大きな効果がのぞめます。

キュウリ

出典:

We Heart It

undefined

水分が多くても美肌効果が高いのがキュウリ。心臓を守る作用のあるカリウムや骨の強化に役立つビタミンKが多く含まれます。味にもクセがないので、他の素材と合わせやすいのも大きな特徴。

スイカ

甘くておいしいスイカですが、栄養的にもビタミンC・ベータカロチン・リコピンなど美肌に欠かせない栄養分がたくさん含まれています。

ピーチ

ジューシーなピーチは天然の甘みを添えてくれるだけでなく、強力な抗酸化作用のあるベータカロチンも豊富で、免疫力強化や健康な肌を作るのに役立ちます。

生姜

ピリッとした刺激を与えてくれる生姜は胃腸のもたれを和らげたり、ガンから身体を守ったりする作用が認められています。少量をプラスすれば、フルーツウォーターもエスニックなおもむきに。

ラベンダー

ラベンダーオイルは不安を鎮めたり、安眠をいざなう効果があるとされていますが、花そのものをフルーツウォーターに浮かべることで、香りを楽しむことができます。ドイツでは不眠症を治すのにラベンダーティーが愛用されているほどです。

ミント

出典:

We Heart It

undefined

爽快なミントは胃腸トラブルを緩和する働きも認められており、胃もたれなどにも効果的です。

おすすめのフレッシュウォーターレシピ

“ジャグに水をたっぷり入れ、スライスしたフルーツを入れて冷やすだけ”と言われても、何から始めていいかわからない、ピンとこないという初心者さん向けの簡単レシピです。

ミント・スイカ・キュウリの爽やかクールウォーター

2リットルの水に、キューブ型に切ったスイカ1カップ、スライスしたキュウリ1本分、そしてペッパーミントの葉を半カップほど入れて、冷蔵庫で最低1時間以上冷やします。

ストロベリー、キウィフルーツのセンセーショナルウォーター

出典:

We Heart It

undefined

2リットルの水にスライスしたイチゴ1カップ、皮をむいて薄くスライスしたキウィフルーツ3個分を入れて、冷蔵庫で最低1時間以上冷やします(鮮やかな赤を出すために、ハイビスカスフラワーを加えても◎)。

まとめ

いかがでしたか?

お水だけでなく、もちろんアイスティーにフルーツをプラスするというのでもいいのです。きれいな赤色のハイビスカスティーにブルーベリー、緑茶にレモンなど新鮮な味わいかたが楽しめます。いつものフルーツの違った一面に出会えるかもしれませんよ!

元記事を読む