1. トップ
  2. スキン・ボディケア
  3. そのトラブルは隠す?飛ばす?春の軽やかファンデーションの楽しみ方

そのトラブルは隠す?飛ばす?春の軽やかファンデーションの楽しみ方

  • 2016.4.2
  • 2568 views

春の芽吹きは肌トラブルの時期

春の新作ファンデーションが勢ぞろいするこの時期、今年のキーワードは「ツヤ感」「薄付き」「カバー力」の3つに絞れるようです。とはいえ、春の芽吹き時は肌トラブルも出やすい時期、とにかくトラブルを隠したい!といったお悩みも増えてきます。皆さんはいかがでしょうか?

この時期特有の肌トラブルとは?

「肌がかゆい」「ニキビや吹き出物が出てきた」などの声も増えてきていますが、春先は気温の変化にからだが追いつかず、肌からのSOSが突如あらわれます。紫外線の量も増えているので、知らぬ間に日焼けしているなんてことも。気分とは裏腹に軽やかになりきれない悩みが春のベースづくりを難しくするんですよね。。。

そのトラブルは飛ばす?隠す?

さぁ、そんなトラブル、皆さんは飛ばしてますか?隠していますか?肌トラブルがあったらコンシーラーで隠す、という方も多いようですが、隠すよりも飛ばしてしまった方が、美しく見えるなんてことも実はあります。

とくに肌のくすみなど面積が広い時には、飛ばす=光を肌に集めることが大切。そんな時の味方は「ツヤ感」あるファンデーション、春の自然な光を肌へと集めてくれます。最近は証明写真にも美肌機能がついているようですが、たくさんの光を集めた方が肌はキレイに見えますよね。「飛ばす」=「光を集める」法則で、この時期に合ったファンデーションを選びましょう。

そして、ニキビや吹き出物などトラブルの面積が小さい時には「カバー力」あるファンデーションをトラブルの箇所だけ使うと、色の違いなどを小さくカバーできます。

悩み多き春のベースメイク、全体は“光を集め”、トラブルは“小さくカバー”をキーワードに軽やかなスタートをきりましょう~♪

元記事を読む