1. トップ
  2. ダイエット
  3. 首肩が凝った!緊急時でもできる肩甲骨まわりを緩めるヨガ

首肩が凝った!緊急時でもできる肩甲骨まわりを緩めるヨガ

  • 2016.4.1
  • 7654 views

オフィスで働く方の中には、慢性的な首や肩の疲れ、背中の張りに悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、肩甲骨周りを緩める簡単なヨガをご紹介します。深い呼吸とともに身体を動かすことで、それらの症状を緩和させることができますよ! 自然な血色と柔軟な身体は自分で作っていきましょう。

■首や肩が凝るとどうなる?

私たちの頭部は体重の8〜13%の重さと言われていて、体重50kgの人で約5kgあると言われています。その重い頭部を支えている細い首と背骨のS字カーブがその重さを分散させていますが、正しい姿勢を維持せずに長時間同じ姿勢を続けていたり、緊張やストレスにさらされることで、特に夕方から夜にかけて血行が悪くなることが多く、放っておくと頭痛や吐き気に繋がる事もあります。

■椅子に座って肩甲骨まわりを緩めるヨガポーズ

STEP1

両手の平を上に向けて、肩のラインまで引き上げます。

STEP2

身体の前で両手をクロスさせていきます。この時、出来るだけ身体の近くでクロスするのがポイント!

STEP3

クロスさせた指先を立てて、親指が手前に来るようにして手の平を外側に向けます。

STEP4

クロスさせた下の手の親指が自分の顔の近くになるようにして、顔の前で真っ直ぐに手のひら同士を合わせ、

息を吐きながら少しずつ顔から両手を離していきます。

出来るだけ、肩を下に下げながら、肩甲骨を左右に大きく広げるようなイメージで行います。

STEP5

呼吸が安定して心地よいと感じる快適な場所を見つけたら、深呼吸を行うように吸って吐く息を1呼吸として10呼吸ほどキープして、手の組み方を変えて反対側も行います。

■ワンポイントアドバイス

両腕をしっかりクロスさせた状態で指先を顔から離していくと、より背中上部や肩周りがストレッチされますよ。

また、手のひら同士を合わせるのが難しい人は、手の甲同士をつけるところから始めてみてください!

デスクに座りながら簡単にできちゃうので、是非一度試してみて下さいね!

(伊藤 恵里)

元記事を読む