1. トップ
  2. ファッション
  3. サンローラン、エディ・スリマン去る - アンソニー・ヴァカレロがクリエイティブ・ディレクター就任

サンローラン、エディ・スリマン去る - アンソニー・ヴァカレロがクリエイティブ・ディレクター就任

  • 2016.4.1
  • 1216 views

サンローラン(Saint Laurent)のクリエイティブ・ディレクターを務めるエディ・スリマンが、退任。後任は、ヴェルサス ヴェルサーチ(Versus Versace)で活躍していたアンソニー・ヴァカレロ(Anthony Vaccarello)に決定した。

2012年3月よりクリエイティブ・ディレクターに就いたエディ。彼はサンローランでのラストコレクションとして、ロサンゼルスでのショーで自身の集大成的スタイルを存分に披露した一方、16年秋冬ウィメンズコレクションでは、イヴ・サン=ローラン本人によるクチュールショー演出を踏襲し、新たなクチュールハウスで発表した。4年間、ブランドの世界観を大事にしながらモダンな息吹を吹き込んだ、彼らしい最後を飾ったと言える。

なお今回の退任に関して、ケリングCEO フランソワ・アンリ・ピノーは「イヴ・サンローランがこの4年間で成し遂げたことは、メゾンの歴史の中でもユニークな章になったと思います。この伝説的ブランドの新たな道のりをひいてくれた、エディ・スリマンとイヴ・サンローラン チームには大変感謝しています」とコメントした。

後任については2016年4月4日(月)、アンソニー・ヴァカレロに決定。彼は、ベルギー出身の36歳。2年間フェンディ(FENDI)で経験を積んだ後、2009年より自らの名を冠したブランドの クリエイティブ・ディレクターに就任。

また、ヴェルサス ヴェルサーチでは3年間のコンサルタント・デザイナーを経てクリエイティブ・ディレクターを2015年より務めていたが、サンローランへの就任が報じられた直後に、退任が発表された。