1. トップ
  2. 恋愛
  3. お花見で二人の距離を縮める秘訣は?片思いを叶える誕生日占い【恋占ニュース】

お花見で二人の距離を縮める秘訣は?片思いを叶える誕生日占い【恋占ニュース】

  • 2016.4.1
  • 5585 views

いよいよ春本番! 日本全国で桜の開花の声が聞こえてくる季節ですね。

桜といえば、やっぱりお花見。仲間内でお花見をするときに、満開の桜の下、気になるカレとの距離を縮められたら…なんて思っている人もいるのではないでしょうか?

意中の人の誕生日で導き出す運命数から、どうすればもっと近い存在になれるのかを探っていきましょう。

【カレの「運命数」の出し方】

カレの誕生年+誕生月+誕生日=「運命数」になります。

<例>1980年4月20日生まれ

1+9+8+0+4+2+0=24 →2+4=6

彼の運命数:6

(※1~9の数になるまで足し続ける)

【運命数でわかるカレの本気度】

◆運命数「1」のカレの場合

何の前触れもなく、突然「みんなで桜を見に行こうよ」と誘う、瞬発力が魅力のカレ。声がかかったらすぐに一緒に出かけ、カレの行動力についていけることをアピールして。桜を見ながら「一番いい時季に見られるのは、あなたのお陰…」と笑顔でお礼を。

◆運命数「2」のカレの場合

みんなが桜の下で大騒ぎしている中、一人だけ「あれはソメイヨシノの標本木だね」などと呟く妙にマニアックなカレ。知識を発信することで個性をアピールしたいタイプなので、ちゃんと話を聞いてあげるのが大事。自分の知性をわかってくれる女性にカレもぐっと惹かれるはず。

◆運命数「3」のカレの場合

とにかく友達思いのカレ。そんなカレにとってお花見とは、桜の花の下で気心知れた仲間たちと一緒に盛り上がれる春の一大イベント。友人に囲まれていい笑顔を見せるカレと、どさくさにまぎれてツーショットの写真を撮り、後から個人的にやりとりをするきっかけ作りに。

◆運命数「4」のカレの場合

各地にある、定番のお花見スポットを押さえておきたいカレ。人ごみの中では歩くのも場所取りをするのも大変だけれど、実はさりげなくスキンシップできるチャンスが満載! 混雑を利用して軽くボディタッチしつつ「桜が散る前に少人数で来たいな」と上手にお花見デートをおねだりしてみて。

◆運命数「5」のカレの場合

桜が咲く場所にこだわるカレ。特にパワースポットと呼ばれるような、神社仏閣にある桜の木に惹かれる傾向が。そういった場所について事前に調べておき、お花見の最中にカレにレクチャーすれば、尊敬されること間違いなし。「もっと教えて」とカレのほうから話をふってくれば、そこから自然に距離を縮めるきっかけに。

◆運命数「6」のカレの場合

昼よりも夜の桜が好きなカレ。お花見プランを立てる際はぜひ夜桜押しで。夜風に当たりながら、陰影が美しい桜並木を歩くだけでロマンティックな気分に。ライトアップには桜だけでなく、肌をきれいに見せてくれる効果もあるので、日中とは違ったあなたの姿に内心ドキドキしているはず。夜桜好きを共通の話題にし、カレに接近してみて。

◆運命数「7」のカレの場合

ネットや雑誌で、隠れた桜の名所を探すのが得意なカレ。古びたカフェの窓から見える一本桜など、ひと味違ったお花見が味わえるはず。派手な演出はないかもしれないけれど、その場所から見える桜にまつわるエピソードを聞いてあげれば、自分の感性をわかってくれる人だと、あなたはカレの中で特別な存在に。

◆運命数「8」のカレの場合

開花のピークを重視するカレ。どうしても仲間に満開の桜を見せたいとこだわる想いを汲んであげるのが大事。他の友達があきれていたとしても、気象予報士さながらの話に耳を傾けることでカレの気持ちをつかめるはず。当日は満開の桜の下、ハラハラと落ちる花びらを手に取りながら「あなたのお陰」とお礼を言うのを忘れずに。

◆運命数「9」のカレの場合

春といってもまだまだ寒い季節。寒空の下を歩くより、インドアでまったりとしたいカレ。お花見の幹事を買って出て、夜桜が見えるカフェなど室内でも楽しめる所を探して提案すると、とても喜ばれるはず。カレのことをわかっている人だと印象づけ、友達から恋人に昇格するきっかけ作りに。

この時季ならではの楽しみ、お花見には、美しい桜を愛でることだけでなく、カレと自然にスキンシップができる、さりげなく二人で写真を撮れる…とメリットもいっぱい!

ぜひ恋のチャンスを見逃さず、カレとの距離をグッと縮めてくださいね。

(文=湖香ほのか)

【プロフィール】

コーチングと占いで輝く明日を応援する「ゆめみらいコンシェルジュ」。GCS認定コーチ&講師。電話占い「ロバミミ」、チャット占い「Chapli」、占いアプリ「yell」、LINE占い「悩み相談所」にて鑑定中。

Twitter:湖香ほのか@honoka_koga

元記事を読む