1. トップ
  2. 恋愛
  3. 『ブラックリスト』スピンオフ企画、『X-MEN』女優が女性版レッドに?

『ブラックリスト』スピンオフ企画、『X-MEN』女優が女性版レッドに?

  • 2016.4.1
  • 771 views

大人気アクション・サスペンス超大作『ブラックリスト』。米NBCが米ソニー・ピクチャーズ・テレビジョンと共同製作で進めているスピンオフ企画のキャスティングが報じられた。

undefined

【関連コラム】『ブラックリスト』トム・キーン役のライアン・エッゴールドに直撃インタビュー!

米Varietyなどによると、このスピンオフでは、オリジナル版でジェームズ・スペイダーが演じるレイモンド・"レッド"・レディントンの役柄を女性の設定に変更するという。女性版レッドには、『X-MEN』シリーズのジーン・グレイ役で知られるファムケ・ヤンセンが候補に挙がっているようだ。

詳細は不明だが、ファムケが演じるのはスーザン・"スコッティ"・ハルステッドという名前のキャラクターのようだ。ファムケは、5月5日に全米で放送されるシーズン3第21話に登場する予定で、翌週の12日に放送されるシーズン3最終話がスピンオフのパイロット版になるようだ。一部の情報によると、ライアン・エッゴールド演じるトム・キーンの母親役の可能性があるという。さらに、シーズン3からゲスト出演している、エディ・ガテギ演じるミスター・ソロモンがスピンオフでレギュラーになるとのこと。『マスターズ・オブ・セックス』や『JUSTIFIED 俺の正義』を手掛けているマイケル・ディナーが第22話の監督を務めるが、脚本はまだ決まっていない。

スピンオフの製作については昨年から交渉が進められていたそうで、先月にはNBCエンターテインメント社長のジェニファー・ソークがVarietyに対し、「私に言えるのは、『Chicago』シリーズのように作品に登場する何人かのキャラクターを取り上げるドラマの製作について話し合っているということだけです」と、スピンオフについて詳細は伏せたものの、話し合いが行われていることを認めていた。

NBCでは、シカゴの消防士たちの活躍を描いたドラマ『シカゴ・ファイア』の人気の高さから、警察を舞台にした『Chicago P.D.(原題)』、医療現場を舞台にした『Chicago Med(原題)』、さらに新しく決まった法廷ドラマ『Chicago Law(原題)』と、次々にスピンオフが製作され成功を収めている。『ブラックリスト』がこれに続く形となるかは分からないが、『ブラックリスト』はシーズン4への更新が決まっているため、スピンオフがシリーズ化されればオリジナル版と同時進行で製作されることになる。

まずは5月12日放送のスピンオフパイロット版がどのような展開を迎えるか、注目したい。(海外ドラマNAVI)

Photo:ファムケ・ヤンセン
(C)Kazuki Hirata/www.HollywoodNewsWire.net

元記事を読む