1. トップ
  2. 恋愛
  3. 「プレゼントブス」がやりがちな、迷惑&うれしくない贈り物の特徴7パターン【後編】

「プレゼントブス」がやりがちな、迷惑&うれしくない贈り物の特徴7パターン【後編】

  • 2014.9.26
  • 988 views

相手を喜ばせるための贈り物、なのに相手を困らせてしまっていませんか……!?

贈られた側からの「迷惑」「うれしくない」の声を聞くことで、「脱・プレゼントブス」を目指しましょう!

前回は4つの例をご紹介しました(その記事はコチラ→ 「プレゼントブス」がやりがちな、迷惑&うれしくない贈り物の特徴7パターン【前編】)。今回も引き続き、もらって迷惑な贈り物の残り3パターンをご紹介します!!

■5:包装と中身に落差があるもの

シャネルのショップバッグをもらい、心の中でガッツポーズしていたら、中は別のお店で買った写真立てがポツンと入ってて……。期待を煽られてなければ素直に喜べたかもしれないのに……」(飲食店・女性・24才)

「彼氏と過ごす初めてのクリスマス。彼からプレゼントだともらったのは、某ジュエリーブランドの小さな箱指輪かも?と期待しながら開けたら、中に入っていたのはそのブランドのキーホルダー。別にそのキーホルダーが悪いわけじゃないし、リングじゃなきゃダメってわけでもなかったんだけど、なんだろう、このガッカリ感……」(美容師・女性・27才)

包装で期待を煽りすぎると、勝手にハードルが上がりすぎて失敗という報告例が山のようにありました。プレゼントも人間も、中身で勝負しなきゃですね!

■6:リサーチ不足なもの

「サプライズ誕生日パーティを開いてもらったときのこと。そこにいたみんなからのプレゼントということで箱を開けると、そこには大きなケーキが。そこまではうれしかったんですけど、そのケーキに載っていたのはイチゴではなくトマト。トマト嫌いの私にはきっついサプライズ。でもみんなの気持ち裏切るわけにはいかないと、涙ながらに我慢しながら食べたら、歓喜の涙だとみなさん、勘違い」(販売職・女性・23才)

ピアスをもらいましたが、私、ピアスの穴、空いてないのですが……」(公務員・女性・27才)

プレゼントをあげるからには、それが相手にとって必要かどうかの最低限のリサーチは必要ですよね。ただ相手を困らせるだけでなく、「私のことたいして興味ないのね」と思わせてしまう危険性も。

■7:反応に困るもの

月の土地の権利書。……今さらどうしろと!?」(金融会社・女性・30才)

「イタリア旅行に行った友人から、お土産にと、ヴェネチアカーニバルの巨大なお面もらいました。そういうギャグなのか、はたまた本気なのか判断がつかず、リアクションできず固まってしまいました」(イラストレーター・女性・32才)

冗談系の贈り物をするなら、一発でジョークとわかるようなものを贈らないと、相手が困惑するだけ。しかも贈り物のセンスだけでなく、笑いのセンスまで軽蔑されかねませんので、気をつけて!

以上7パターン、いかがでしたか?

せっかく贈ったのにひどいこと言われたら傷つきますよね。どうせ贈るなら、相手が困らないものをこれからは贈りたいものです。「私もこんな贈り物をもらって困ったことがある」や「こんな贈り物をしてしまって迷惑がられた」などありましたら、Woman Insight編集部まで教えてくださいね!(吉田奈美)

★前編はコチラ→ 「プレゼントブス」がやりがちな、迷惑&うれしくない贈り物の特徴7パターン【前編】