1. トップ
  2. ファッション
  3. 『冒険野郎マクガイバー』リメイク、主演は『X-MEN』ルーカス・ティル

『冒険野郎マクガイバー』リメイク、主演は『X-MEN』ルーカス・ティル

  • 2016.3.24
  • 969 views

米CBSで制作が進んでいる『冒険野郎マクガイバー』リメイク版のパイロット。主演俳優探しは難航した模様だが、ようやく決定したことを、米Deadlineなどが報じた。

undefined

【関連コラム】パイロットシーズン到来!映画監督たちが続々とテレビ界へ進出――テレビは新しい"映画"になるのか?

オリジナル版の主演を務めたリチャード・ディーン・アンダーソンの後を継ぐことになったのは、『X-MEN:フューチャー&パスト』のハボック役として有名で、8月に日本公開される『X-MEN:アポカリプス』にも出演するルーカス・ティル。

米ABCで1985年から7シーズンにわたって放送されたオリジナル版は、銃器を使わず、豊富な科学知識と天才的なひらめきを用いて、世界中の悪と対決する男、マクガイバーの活躍を描いた。リメイク版のマクガイバーは、オリジナル版よりも若い20代の青年という設定。秘密組織に起用された彼が、オリジナル版と同様、型にはまらない問題解決思考で災難を未然に防ぐストーリーになるという。

パイロットの製作総指揮は、『ソウ』『ワイルド・スピード SKY MISSION』の監督として知られ、同シリーズのリメイクに長年関心を持っていたジェームズ・ワンと、オリジナル版の製作総指揮者ヘンリー・ウィンクラーほか。また、パイロットの監督をデヴィッド・フォン・アンケン(『カリフォルニケーション』)が務め、脚本は新進のポール・ダウンズ・コレイゾとブレット・マホーニー(『ザ・フォロイング』)が担当する。

このほか、新進俳優のジョシュア・ブーンも、マクガイバーの高校時代の親友ガンナー役で出演。さらに、『CSI:科学捜査班』のジョージ・イーズが、エキセントリックな陰謀論者だが、人情にも厚い公務員リンカーンを演じることもすでに決まっている。(海外ドラマNAVI)

Photo:ルーカス・ティル
(C)Megumi Torii/www.HollywoodNewsWire.net