1. トップ
  2. ファッション
  3. リトゥンアフターワーズ 2016年秋冬コレクション - 妖怪ワールドがファッション界に進出?!

リトゥンアフターワーズ 2016年秋冬コレクション - 妖怪ワールドがファッション界に進出?!

  • 2016.3.16
  • 951 views

リトゥンアフターワーズ(writtenafterwards)の2016-17年秋冬コレクションが、2016年3月16日(水)、東京・表参道ヒルズ スペースオーで発表された。

「妖怪」「クチュール」「ストリート」という3つのテーマを掲げスタートしたコレクション。これらの要素がミックスされたものが登場するのか、それとも別々の世界観を共存させるのか、いずれにせよ高い期待感の中、ファーストルックがお目見えした。

陽気な黒人男性がゴールドの携帯端末で音楽を聴きながら、楽しげに踊っている。前後にナマケモノのような動物を堅田おったリュックを背負いランウェイを進む。ストリートの要素を大いに孕んだ白明けとなった。

その後は、目を見張るような妖怪ワールドが表参道に出没。猫娘やねずみ男、一つ目の妖怪や特大の傘を担いだ着物の少女……。デザイナーの山縣良和が鳥取県出身ということもあり、水木しげるワールドを継承するかのように、たくさんの“異種生命体”が披露された。

さらに、クチュールの要素も随所に散見された。極太の毛糸を編み込んだ、ローブのようなドレスや、総柄の、地元・鳥取の協力を得てこだわり抜いた素材を使用したワードローブは、妖怪もさることながら、洋服として魅力のあるものに仕上がっている。

日本が古来から、このような世界観を違和感なく受け入れ、生活を共にしてきたことにオリジナリティを見出したリトゥンアフターワーズ。今後、世界でも活躍をしたいと意気込む山縣に、これからも期待が高まる。