1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. おいしそうなアユの塩焼き 正体に「すっ転げた」「ウソだろ?」

おいしそうなアユの塩焼き 正体に「すっ転げた」「ウソだろ?」

  • 2024.7.10
  • 54031 views

おいしそうな食べ物を目にした時、自然とよだれが出そうになったり、お腹が鳴ったりしますよね。

『食』を楽しむ上で、視覚からの情報は重要。料理で盛り付けにこだわるのも、そのためといえるでしょう。

こるは(@kasuga_maru)さんがXで公開した『料理』に、多くの人がお腹を空かしたようです。

『いいね』が相次いだアユの塩焼きの正体

ネット上で注目を集めているのは、こるはさんが作ったアユの塩焼き

その名の通り、魚のアユを丸ごと焼く…というシンプルな料理ですが、アユの味わいと香りが最大限に生かされた調理方法です。

魚料理としては定番であるため、なぜ、こるはさんの投稿が話題になったかが理解できない人もいるはず。

…しかしその『正体』を知れば、注目が集まった理由に納得することでしょう。公開された写真をご覧ください!

ちょうどいい具合に焼けた、アユの塩焼き。しかし、やけに小さいと思いませんか。

…そう、これは、こるはさんが粘土で作った本物そっくりのミニチュアなのです!

また、こるはさんは昔ながらの『ヤマメを囲炉裏で焼く』という食べ方もミニチュアで再現。

ヤマメの表面の焦げ具合が絶妙で、ミニチュアと理解した上でも、自然とお腹が減ってしまいますね。

こるはさんの作品は拡散され、ネットからは「写真をよく見たらすっ転げた。すごすぎる…」や「ウソだろ?焼き加減がリアルで驚く」といった絶賛する声が上がっています。

中には「悔しい!ミニチュアと分かっているのに腹が減る!」といった、空腹を訴える声も。きっと、視覚が『本物』と認識してしまっているのでしょう。

このミニチュアを部屋に飾っておいたら、ないはずの香ばしい匂いを感じ取ってしまいそうです!

[文・構成/grape編集部]

元記事で読む
の記事をもっとみる