1. トップ
  2. レシピ
  3. 辛味でウイルス撃退! 「カプサイシン」の健康効果と摂取方法

辛味でウイルス撃退! 「カプサイシン」の健康効果と摂取方法

  • 2016.3.6
  • 3386 views

こんにちは。健康・美容ライターのMAKIです。

3月に入り、寒さは和らいできたものの、まだまだ寒い日も多いですね。

特に今シーズンは暖冬の影響で、春先まで風邪やインフルエンザが流行するともいわれています。

そこで今回は、風邪やインフルエンザの予防や冷え性の予防にもなると注目されているカプサイシンの効果やカプサイシンを含む食材についてご紹介します。

●カプサイシンとは?

カプサイシンは、唐辛子などに含まれている辛味成分です。

農林水産省のホームページによると、カプサイシンの生理作用の一つに、アドレナリンというホルモンの分泌促進があります。

このアドレナリンに脂肪代謝などエネルギー代謝の促進や発汗を促す作用 があります。

この作用を期待して、十年以上前からダイエット食品やボディケア用品にもよく使われています。

カプサイシンは、このように脂肪燃焼作用を期待した使い方をされる方も多いのですが、それ以外にもたくさんの効果が期待できます。

以下に、カプサイシンに期待できる効果をまとめます。

【カプサイシンに期待できる健康効果】

・肥満の予防

・血流の改善

・高血圧の予防

・冷え性の改善

・食欲増進効果

・コレステロール値の改善

・疲労回復

・便秘の改善

・免疫力の向上

このように、カプサイシンには血流を改善してさらさらにするという作用があるため、冷え性や生活習慣病の予防にも効果が期待できると考えられています。

そして、血流が改善し、新陳代謝がアップすると、熱に弱いウイルスや細菌も増殖しにくくなり、風邪やインフルエンザの予防にもなる といわれています。

●カプサイシンを含む食材とは?

風邪やインフルエンザの気になる今の時期は、新陳代謝をアップさせ、体を温めてくれるカプサイシンの健康効果に期待して、カプサイシンを含む食材を少しだけ意識して献立に取り入れてみてはいかがでしょうか。

以下に、カプサイシンを含む食材をいくつかご紹介しましょう。

【カプサイシンを含む食材】

・唐辛子(鷹の爪、シシトウ、ハバネロなど)

・キムチ

・ラー油

・タバスコ

・豆板醤

・ピーマン(ただし、ほとんど含まれていない)

このように、カプサイシンを含む食材は、基本的に調味料や薬味として用いられるものが多いため、調味料や薬味として少し取り入れるという使い方をするのがおすすめです。

●カプサイシンの摂取で注意することとは?

最後に、カプサイシンの摂取で注意することについてご紹介します。

農林水産省によると、カプサイシンの大量摂取は喉や胃腸の粘膜を傷つけ、咳が出たり息切れがしたりする と記載されています。

辛いものが体質的に苦手な方や、体調が悪い場合には、無理に摂取することは控えましょう。

また、唐辛子などカプサイシンを含む食材を触れた手で目や口をこすると痛みや赤みが出ることがありますので、小さいお子さんがおられるご家庭は保管場所や使用方法について特に注意しましょう。

もしも触ってしまった場合は、せっけんでよく手を洗い、水道水でしっかりと洗い流すようにしましょう。

----------

いかがでしたか。

今回は風邪予防や冷え予防に良いとされるカプサイシンについて期待できる効果や食材についてご紹介しました。

どんな食材でも同じですが、健康効果を期待した過剰摂取は避け、適度に取り入れること が大切です。

まだまだ春先まで流行する風邪やインフルエンザの対策の一つとして、参考にしてみてください。

【参考リンク】

・カプサイシンに関する情報 | 農林水産省(http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/capsaicin/)

●ライター/MAKI(健康・美容ライター)