1. トップ
  2. サザンオールスターズ、クドカン新作『新宿野戦病院』主題歌に決定! ディスコ×EDMの新曲に

サザンオールスターズ、クドカン新作『新宿野戦病院』主題歌に決定! ディスコ×EDMの新曲に

  • 2024.6.24
  • 81 views
ドラマ『新宿野戦病院』主題歌を担当するサザンオールスターズ(写真左) (C)フジテレビ width=
ドラマ『新宿野戦病院』主題歌を担当するサザンオールスターズ(写真左) (C)フジテレビ

小池栄子と仲野太賀がダブル主演し、宮藤官九郎が脚本を務める7月3日スタートのドラマ『新宿野戦病院』(フジテレビ系/毎週水曜22時 ※初回15分拡大)の主題歌が、サザンオールスターズの新曲「恋のブギウギナイト」に決定した。

【写真】主演は小池栄子&仲野太賀! 歌舞伎町ネオンをバックに2ショット

宮藤の完全オリジナル脚本で送る本作は、新宿・歌舞伎町にたたずむ「聖まごころ病院」を舞台に、ホストやキャバ嬢、ホームレス、トー横キッズ、外国人難民などさまざまなバックボーンを持つ“ワケあり”な登場人物たちが交錯する社会の構図を、“官九郎節”ともいえる、ときにユーモアを織り交ぜながら、さまざまな悩みや問題を抱えながらも人生を強く生きる人たち・仲間・家族を通して、「命」の尊さを投げかける新たな救急医療エンターテインメント。

このたび、主題歌に決まった新曲「恋のブギウギナイト」は、サザンオールスターズとしては昨年9月に発表された「Relay〜杜の詩」以来、約9ヵ月振りの新曲となる。また、サザンオールスターズがフジテレビのドラマ主題歌を担当するのは『大奥~第一章~」』(2004年・フジテレビ系)の主題歌「愛と欲望の日々」以来20年振り。楽曲は、昭和から平成初期に流行したディスコと令和のEDMを融合させたダンスナンバー。懐かしさと新しさ、愉快さと切なさが入り混じるサウンドと、ペーソス溢れる情けない男の心情が描かれた歌詞に、緩急自在の桑田のボーカルが得も言われぬグルーヴと高揚感を生み出している。

サザンオールスターズは、長年にわたって楽曲のリリースや野外ライブなど精力的な活動を続けており、毎年6月25日の“デビュー記念日”が近づくと、「何かあるのでは?」とファンの間で機運が高まる時期。そんな中、昨夜放送されたボーカル桑田佳祐自身のラジオ番組『桑田佳祐のやさしい夜遊び』(Tokyo FM)において、急きょテーマを「6月25日直前!!重大発表SP〜新曲出来ちゃったので聞いてちょうだい!〜」と題して番組を放送し、新曲音源を初解禁したばかり。

ドラマ『新宿野戦病院』は、フジテレビ系にて7月3日より毎週水曜22時放送(初回15分拡大)。

※プロデューサーからのコメントは以下の通り。

■プロデュース 野田悠介(フジテレビ ドラマ・映画制作部)

「念願叶い、サザンオールスターズさんに主題歌を引き受けて頂けました! 初めて楽曲を聴かせて頂いた時、懐かしさもあり、高揚感もあるダンスナンバーで、本作品を締めくくるにはピッタリの楽曲だなと興奮しました! 宮藤官九郎さんが織りなす初めての医療ドラマ、今最もホットな場所である歌舞伎町を舞台にした本作品とサザンオールスターズさんとの化学反応を、是非お楽しみに!」

元記事で読む
の記事をもっとみる