1. トップ
  2. ファッション
  3. プラダ 2016-17年秋冬ウィメンズコレクション - 複雑に揺れ動く、女心を描く

プラダ 2016-17年秋冬ウィメンズコレクション - 複雑に揺れ動く、女心を描く

  • 2016.3.1
  • 1836 views

プラダ(PRADA)の2016-17年秋冬ウィメンズコレクションが、ミラノ・ファッション・ウィーク2日目の2016年2月25日(木)に発表された。

同じ会場であるのに、毎シーズンガラリと変わる内装。今季は、あたたかみのある木材を使用して、ランウェイ、什器などが作られている。一方で、ショースタート前の場内を照らすのは、点々と並んだわずかな灯りのみ。温もりのあるなか、同時に厳かな雰囲気が漂っている。

異なるテイストのマッチ。これは、演出だけでなく洋服にも通じるキーワードの一つ。女性の歴史をコラージュするように描いたという、今シーズンの中には、いくつもの要素が混在している。

分厚いアンゴラのウールコートと、ゴールドブロケードのドレスのマッチ。ヴィンテージ風レザージャケットと、ハワイアンシャツのコンビ。ナイロン×キルティングのフード付アウターと、クラシックなチェックスカートの組み合わせ。カラーデニムポンチョとアーガイルタイツのミックス。例を挙げればきりがないほどに、時代、文化、キャラクターを越えた、刺激的なアプローチが繰り返されている。

しかしながら、シルエットはオーバーサイズが大半を占め、先日のメンズコレクションから引き続き、マスキュリンな風潮が全体を包み込んでいるのは事実。そんななか、突然舞い降りた、オーガンザドレス。ウェアの上で花を咲かせ、ピンクやイエロー、グリーンなど、華やかな色彩を届ける。腕周りはギャザーを寄せてふんわりと。重々しい空気を一気に拭い去り、麗らかな風が流れ込んだ。また、新しい一面を引き出してくれたのは、仏アーティストのクリストフ・シュマンが描いたイラストも同様だ。

次から次へと、違う要素が現れる変動的なコレクションの中で、統一されているものもある。取り外し可能な白いセーラーハット、不自然ささえ感じさせるコルセット、それから厚手のタイツ。また、「旅」も今季を綴る一つのメッセージで、ショルダーバッグ、ブック型チャームなどの小物も繰り返し用いられ、ミウッチャらしい手法で“女性のスーツスタイル”へと昇華させている。