1. トップ
  2. ファッション
  3. ミッソーニ 2016年秋冬ウィメンズコレクション - 異なる色柄を合わせ、アートピースのような一着に

ミッソーニ 2016年秋冬ウィメンズコレクション - 異なる色柄を合わせ、アートピースのような一着に

  • 2016.2.29
  • 1047 views

ミッソーニ(Missoni)が、2016-17年秋冬ウィメンズコレクションのランウェイショーをイタリア・ミラノで行った。ミラノ・ファッション・ウィーク5日目、2016年2月28日(日)のことである。

毎シーズン、異なる色や柄を掛け合わせ、アートピースのような一着を届けているミッソーニ。今季は、赤やピンク、オレンジ、ブルー…。より多数の色彩を掛け合わせているように感じる。鮮やかなチェックやボーダー模様。加えて、モノトーンをベースにライトブルーのアクセントを効かせた、アグレッシブなパターン。完成されたものは、どれもクリエイティブで、独特の世界観にあふれている。

アイテムは、昨シーズン同様に季節感を強く意識している。前回は、ブラトップやマイクロ丈のショーツを並べていたが、今季はたくさんのアウターを揃えた。

驚くのは、本来レザーで形成される、ライダースをニット地で仕上げていること。アイテム特有の強さやエッジは残しつつも、ぬくもりといった反するものを溶け込ませて、オリジナリティある一着に仕立てている。また、肩章付きのミリタリー調コートも登場。厚手で丈夫な生地を使用するという元々の概念から離れ、ソフトなウェアへと昇華。この奇想天外なアイデアは、他にもフリンジジャケットやケープなど、ユニークウェアを生んでいる。

コーディネートは、Tシャツの上にキャミドレスを重ねたり、ノースリーブの上からドレスを合わせたり…と、とても若々しい。ウェアと同じ色味で揃えた、厚手のニット帽やマフラー、タッセル付のストールといった小物も活躍している。