1. トップ
  2. エンタメ
  3. 東出昌大、最悪の宿泊体験に疲弊し半泣き「1時間しか寝られなかった」激安宿&ひろゆきに苦しめられる

東出昌大、最悪の宿泊体験に疲弊し半泣き「1時間しか寝られなかった」激安宿&ひろゆきに苦しめられる

  • 2024.5.27
  • 7350 views
【写真・画像】ひろゆき、南米のホテルの対応にブチギレ「それってあなたの問題ですよね?」1時間以上クレームを言い続け、騒然とした空気に 1枚目
ABEMA TIMES

ひろゆきと共に南米を旅する東出昌大に、思いもよらぬ災難が降りかかった。東出は1時間しか眠れず朝から疲労困憊、ひろゆきはホテル側の理不尽な対応に何度もブチギレ。ペルーに到着して早々、最悪の宿泊体験をすることになってしまったのだ。

【映像】東出が疲れ果てた「最悪の宿」

5月26日(日)夜9時より、『世界の果てに、東出・ひろゆき置いてきた』がABEMAにて放送された。言論界で大暴れする日本一ロジカルな男・ひろゆき(西村博之)を、論理の通じない過酷な世界に、10万円だけ渡して放り込んだらどうなるのか?そんなテーマのもと、アフリカ・ナミビアの砂漠に置き去りにされたひろゆきが、アフリカ大陸を横断する旅に密着した『世界の果てに、ひろゆき置いてきた』。その第2弾となる本作では、前回ひろゆきの旅のパートナーを務めた東出昌大が、エクアドル・プラタ島に置き去りにされ、南米を横断する旅に出発。ひろゆきは2日目から合流した。なお、使って良い移動手段はローカル路線バス、ヒッチハイクなど基本的に陸路のみとなっている。

【写真・画像】ひろゆき、南米のホテルの対応にブチギレ「それってあなたの問題ですよね?」1時間以上クレームを言い続け、騒然とした空気に 2枚目
ABEMA TIMES

南米旅6日目、東出ら一行はペルーに入国。バスでの移動中に「LOWCOSTビジネスホテル」という名のホテルを、宿泊予約サイト「Booking.com」で予約し、この日の滞在地ピウラを目指した。そもそもこのホテルをサイトで見つけたのは、東出だった。バスの車内では「LOWCOSTビジネスホテルって、まんまな名前」「低価格ホテルって名前、ちょっと大丈夫かな」などといった会話も飛び交っていたが、まさかあのような事態が起ころうとは、この時だれも想像していなかっただろう。

【写真・画像】ひろゆき、南米のホテルの対応にブチギレ「それってあなたの問題ですよね?」1時間以上クレームを言い続け、騒然とした空気に 2枚目
ABEMA TIMES

ホテルに到着し、チェックインしようとしたひろゆきに、ホテルのスタッフは「ニシムラで予約は入ってない」「その予約はキャンセルされている」などと説明。あきらめて帰るよう求めてきた。ひろゆきはホテルスタッフを相手に交渉を試みたが、らちが明かず、国際電話で「Booking.com」に問い合わせるという行動に出た。電話に出た担当者に、ひろゆきは「私はホテルを予約したんですが、この予約では泊まれないと言っている」「なんとかしてくれ」などと訴え、その場は騒然とした雰囲気に。フロント近くの部屋の宿泊客も、ドアから顔を出し、心配そうに様子をうかがっていた。

【写真・画像】ひろゆき、南米のホテルの対応にブチギレ「それってあなたの問題ですよね?」1時間以上クレームを言い続け、騒然とした空気に 3枚目
ABEMA TIMES

その後部屋を用意してもらえることになったものの、今度は宿泊料金をめぐって問題が発生。「Booking.com」には11ドルと表示されていたにもかかわらず、ホテル側は17ドルを要求してきたのだ。ひろゆきは再び「Booking.com」に電話し、「値段が違うな。なぜ6ドルも多く払う?」と怒りをあらわに。最終的には「Booking.com」の担当者がホテルと直接交渉し、13.8ドル(約2000円)の部屋が確保されたが、国際電話の通話時間は1時間12分45秒にも及んだ。

【写真・画像】ひろゆき、南米のホテルの対応にブチギレ「それってあなたの問題ですよね?」1時間以上クレームを言い続け、騒然とした空気に 4枚目
ABEMA TIMES

ひろゆきがしぶとく交渉している間、東出と豊川ディレクターからは「もう1時間です」「国際電話代の方が高くつくんじゃないかと…」「それはみんな思ってる」といった会話が聞こえ、彼らの表情は疲れ切っていた。一刻も早く休みたい様子の東出だったが、通された部屋はダブルではなくシングルで、ひろゆきは再び「Booking.com」に電話をかけてクレーム。しかし、残っていた部屋はシングルしかなく、仕方なくこの部屋に泊まることになった。

【写真・画像】ひろゆき、南米のホテルの対応にブチギレ「それってあなたの問題ですよね?」1時間以上クレームを言い続け、騒然とした空気に 1枚目
ABEMA TIMES

東出は「僕は大丈夫です。ここまで交渉していただいたので」とベッドをひろゆきに譲ろうとしたが、ひろゆきはじゃんけんで決めることを提案。結局、東出はじゃんけんに負け、ソファを使用することになった。午前0時に就寝し、迎えた翌朝。出発時刻になっても東出が起きてこないため、ひろゆきと豊川ディレクターが様子を見に行くと、東出はソファではなく床で寝ていた。「お目覚めはいかがですか?」というひろゆきの問いに、東出は「床、硬い」と、まるでカタコトの日本語を話す外国人のように返答。ソファが柔らかすぎたため、床で寝ることにしたのだそうだが、東出の表情はかなりしんどそうだった。

【写真・画像】ひろゆき、南米のホテルの対応にブチギレ「それってあなたの問題ですよね?」1時間以上クレームを言い続け、騒然とした空気に 2枚目
ABEMA TIMES

そんな東出とは打って変わり、ひろゆきは絶好調。釣り銭を拒否したホテルスタッフと朝から舌戦を繰り広げ、約30円を回収した。

【写真・画像】ひろゆき、南米のホテルの対応にブチギレ「それってあなたの問題ですよね?」1時間以上クレームを言い続け、騒然とした空気に 2枚目
ABEMA TIMES

一方の東出は、疲労のあまり放心状態で、いつものワイルドなイケメンとは別人のよう。その後も東出はなかなか調子が戻らず、ぐったりした様子で、ひろゆきから「実際どれくらい寝られました?」と聞かれると、「1時間ぐらい」と力なく笑っていた。

元記事で読む
の記事をもっとみる