注目アイコン システムメンテナンスのお知らせ
  1. トップ
  2. スキンケア
  3. 「ほうれい線」と「ゴルゴ線」老けてみられるふたつの線、放っておいたら損だらけ!?

「ほうれい線」と「ゴルゴ線」老けてみられるふたつの線、放っておいたら損だらけ!?

  • 2014.9.21
  • 1751 views

お顔を老けて見せてしまうほうれい線とゴルゴ線。加齢によるものだもの仕方ないと許容しては、損をしてしまうかもしれませんよ…。

■こんなに違う、見た目の印象

ふたつの線は、老けてみせるだけではなく、お顔全体を疲れた印象にさせることがあります。明るく朗らかな性格の方でも、まるで異なる印象になることがあるのです。実際にまったく同じ表情の写真にふたつの線を書き込んでみると…。

活発な印象よりも疲れた憂いの印象が濃くなります。ふたつの線は、アンチエイジングの観点からだけではなくその人の印象をも左右してしまうことがあるのです。ご自身の顔写真に実際にペンで書いてみることも良いです。

■明日は今日より深くなる? 今すぐ始めて正解です

ふたつの線の原因のひとつは、肌のハリや弾力の衰え、表情筋の衰えといわれています。ケアしていかないと衰退してゆく一方ですから、何もしないままなら明日は今日より深い線になってしまうかもしれません…。

メイクで隠せるうちはまだまだなんていわず、今すぐ始めるのが正解です。とはいえ普段しなれないケアを取り入れるのは大変ですし、続かなければ意味がありません。そこで日常に気軽に取り入れられる簡単ケアをご紹介します。

■100円ショップの風船で解消

お金をかける必要は全くありません。100円ショップで販売している風船を使います。

やり方は非常に簡単! ただ風船を膨らませるだけです。風船を5回程度膨らませる動作だけで、頬がしっかり膨らみ、また、口も周りの筋肉を鍛える事ができる為、ほうれい線解消に役立ちます。

1日たった5回だけですが、初めは5回やるだけで口の周りがいかに使われていないか! ということが実感していただけると思います。

■ずぼらでも忙しくても大丈夫! 毎日の歯磨きでほうれい線ケア

朝昼晩、かならずといっていいほどおこなう歯磨き時にできるケアです。簡単で気軽だから取り入れやすいはず!

1.歯磨きをおこなった後、歯ブラシを口の中に入れ、ほうれい線が始まっている小鼻の脇に押し当てます。※歯ブラシの裏側を使用します。

2.痛くなりすぎない程度に、徐々に下に歯ブラシを移動して、ほうれい線を伸ばしていきます。上から下にほうれい線を押していきます。

こちらの記事

3.下までいったら、もう一度上に戻り、一方向に繰り返します。これを5回3セット左右おこなってください。

では他にも簡単&気軽なほうれい線ケア方法をご紹介しています。

■テレビを見ながらでもOK! 道具の要らないゴルゴ線ケア

特別な道具もコスメも何もいらないため、テレビを見ながらでも横になりながらでもできるケアです。※清潔な手指でおこなってください。

こちらの記事

目頭上、目頭下、頬骨とゴルゴラインに沿って筋肉を刺激しながら、ツボ押しをおこないます。痛気持ち良い程度の強さで、5回3セット程おこなってください。

では他にも簡単&気軽なゴルゴ線ケア方法をご紹介しています。

■外見は内面を映す鏡?

人は見た目ではありませんが、外見は内面を移す鏡ともいわれます。せっかく明るく元気な女性なのにふたつの線のおかげで疲れた覇気のない顔に見えてしまってはもったいないですよね。

ご紹介したケア方法なら忙しい方もずぼらな方も気軽に日常に取り入れられると思いますので、ぜひお試しくださいね。

(田中 愛)