1. トップ
  2. エンタメ
  3. 「だから女房は出て行ったのかな…」東出昌大、女好きのおじさんの身の上話に動揺

「だから女房は出て行ったのかな…」東出昌大、女好きのおじさんの身の上話に動揺

  • 2024.5.21
  • 5828 views
【写真・画像】「だから女房は出て行ったのかな…」東出昌大、旅で出会ったおじさんの身の上話に動揺 1枚目
ABEMA TIMES

南米を横断する旅に出発した東出昌大が、エクアドルで出会った漁師の男性から「女遊びが原因で女房が出て行った」という身の上話を聞く場面があった。

【映像】東出昌大「子どもは親を選べない」再婚についての本音

5月19日(日)夜9時より、『世界の果てに、東出・ひろゆき置いてきた』がABEMAにて放送された。

言論界で大暴れする日本一ロジカルな男・ひろゆき(西村博之)を、論理の通じない過酷な世界に、10万円だけ渡して放り込んだらどうなるのか?そんなテーマのもと、アフリカ・ナミビアの砂漠に置き去りにされたひろゆきが、アフリカ大陸を横断する旅に密着した『世界の果てに、ひろゆき置いてきた』。その第2弾となる本作では、前回ひろゆきの旅のパートナーを務めた東出昌大が、エクアドル・プラタ島に置き去りにされ、南米を横断する旅に出発。ひろゆきは2日目から合流した。なお、使って良い移動手段はローカル路線バス、ヒッチハイクなど基本的に陸路のみとなっている。

【写真・画像】「だから女房は出て行ったのかな…」東出昌大、旅で出会ったおじさんの身の上話に動揺 1枚目
ABEMA TIMES

プラタ島から無事に脱出し、エクアドル本土に上陸した東出。2日目に待っていたのは、ひろゆきの合流という、うれしいサプライズだった。ホテルにチェックイン後、東出とひろゆきは街に繰り出し、道端で売っていたココナッツアイスに舌鼓。その際、ひろゆきは付近にいた現地男性に「この辺りでビールが飲めるところはありませんか?」と声をかけ、一緒に食事をすることになった。

ひろゆきが“ナンパ”したのは、白いタンクトップの裾を胸の下までまくり上げた“腹出しおじさん”。その後一行は、“腹出しおじさん”と彼の仲間たちと近くの飲食店へ移動し、ビールで乾杯した。聞くところによると、3人のおじさんたちは漁師仲間とのこと。そのうちの1人は、東出とひろゆきが日本人だと知ると「日本は狭くて場所がないんだろ?エクアドル人は日本人と同じで妻をたくさん持てるから、家が狭くて困ってるよ」とブラックジョークを飛ばした。

【写真・画像】「だから女房は出て行ったのかな…」東出昌大、旅で出会ったおじさんの身の上話に動揺 2枚目
ABEMA TIMES

ひろゆきが妻の人数を聞くと「今は1人だよ」との答えが。どうやら過去には、複数の妻と暮らしていたようだ。その後、東出が「陸で過ごす日は何をするんですか?」と質問すると、おじさんは「土日は必ず女遊びだ」とぶっちゃけ。ひろゆきは大笑いし、女性に会うことに対して、家族は何も言わないのかと尋ねた。するとおじさんは「俺が一番家族で偉いからね」と亭主関白ぶりを覗かせつつ、「だから女房が出て行ったのかな」と苦笑い。これを聞いたひろゆきはニヤリと笑い、「だそうです」と東出にパス。ひろゆきのイジリに、東出は「知らんがな!」とツッコミで返していた。

【写真・画像】「だから女房は出て行ったのかな…」東出昌大、旅で出会ったおじさんの身の上話に動揺 3枚目
ABEMA TIMES
元記事で読む
の記事をもっとみる