1. トップ
  2. スキンケア
  3. 「枷」ってなんて読む? 少しの「枷」は必要なのかも!

「枷」ってなんて読む? 少しの「枷」は必要なのかも!

  • 2024.5.17
  • 3997 views

「枷」と書いて、なんと読むか分かりますか?

木に加えると書きますが、あまりいいイメージはない言葉かも。

しかし枷を利用して、うまく立ち回れることもありますよ。

さて「枷」と書いてなんと読むでしょうか?

「枷」読み方のヒントは?

「枷」とは、心理的、物理的に行動の妨げになるものの事です。

他にも三味線で高い音を出す時に使われたり、自分の演技を引き立てるために使うものや人などを指す場合もありますが、現在で一番使われているのは妨げという意味合いでしょう。

「ほんとは〇〇をしたいけど、親が反対すると思うので・・・」

なんてのは親が「枷」になっていますね。

他にももっと自由にしたいけど、法律が「枷」になっていたり!?

いわゆる自分の中のルールも「枷」です。

自分にとって邪魔な「枷」はありますか?

「枷」読み方のもうひとつのヒントは?

ひらがなにすると「〇〇」です。

さて、もうわかりましたか?

「枷」の読み方、正解は・・・

イメージ

正解は・・・

 

 

「かせ」

です!

 

手枷足枷とか言いますよね。

昔は罪人の首・手・足などに木でできた枷をはめて、自由に動かせないようにしたそうです。

ぜひ、覚えておきましょう。

元記事で読む
の記事をもっとみる