1. トップ
  2. 木村昴がドラマ初主演 新川優愛とタッグを組むハートフルコメディ「クラスメイトの女子、全員好きでした」7月より放送開始

木村昴がドラマ初主演 新川優愛とタッグを組むハートフルコメディ「クラスメイトの女子、全員好きでした」7月より放送開始

  • 2024.5.16
  • 66 views
ドラマ「クラスメイトの女子、全員好きでした」で木村昴がドラマ初主演、ビジュアルも解禁された (C)読売テレビ・日本テレビ
ドラマ「クラスメイトの女子、全員好きでした」で木村昴がドラマ初主演、ビジュアルも解禁された (C)読売テレビ・日本テレビ

【写真】アニメ「ドラえもん」のジャイアンの声優を務める木村昴が、ドラマ初主演

7月11日(木)より放送される、読売テレビ・日本テレビ系プラチナイト木曜ドラマが、木村昴主演、新川優愛出演の「クラスメイトの女子、全員好きでした」(毎週木曜夜11:59-深夜00:54)に決定した。木村、新川、原作者、プロデューサーからそれぞれコメントが届いている。

「クラスメイトの女子、全員好きでした」あらすじ

原作は、デビュー2作目から3カ月連続刊行され話題となった、爪切男による同名エッセイ「クラスメイトの女子、全員好きでした」(集英社文庫刊)。

小説家志望で、主な収入源は害虫駆除のアルバイトである枝松脛男は、ある日、偶然手に入れたノートに書かれた小説を盗作し、文学賞を受賞してしまう。一躍人気作家になってしまった枝松は、担当編集者の片山美晴と共に、その小説を書いた真の作者を探すため動き出す。鍵を握るのは、枝松が中学時代に恋をしたクラスメイトの女子たち。彼女たちとの思い出を回想しながら、“真の作者”の真相に迫っていく。

超個性的な女子たちと共に蘇る、ほろ苦くも美しき、クセ強めな思い出の数々。真の作者探しに奔走するポンコツコンビが送る、どこか切なくて愛おしい、回想ハートフルコメディとなっている。

木村昴×新川優愛がタッグを組む!

ピュアな主人公・枝松脛男を演じるのは、アニメ「ドラえもん」で剛田武(ジャイアン)の声を担当し、子供向け情報番組「おはスタ」でメインMCを務めるなど、数々のアニメやバラエティ・ドラマ・舞台等でマルチに活動する木村。

木村は、今作がドラマ初主演となる。軽率に、あらゆるタイプの女子に恋をしてしまうダメ男を、どこか愛おしいキャラクターとしてコミカルに演じる。

そして、枝松のバディとなる片山美晴を演じるのは、連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」や、ドラマ「ギルティ~この恋は罪ですか?~」など多数の作品に出演する新川が務める。

仕事運がなく、自分より年下の編集部員から軽く見下されながらも、明るく真っすぐに生きる役を、ドラマ復帰を果たした新川が丁寧に演じる。

木村昴/枝松脛男役 コメント

――今回の作品の印象や魅力について教えてください。

「クラスメイトの女子、全員好きでした」というタイトルがすごく面白い!物語としては、全然モテなくてクラスメイトの女の子と何の関係も築けなかった男の子の話で、彼が大きくなってどんな大人になったか、なんで全員のことを好きになれたのか、どこが好きなのかが描かれていく。そこに温かいメッセージを感じました。

彼の器の大きさ…人からすると、“あの人のここが変だよね”を好きになっちゃうのがとてもいいな、そういう人になりたいなと思いました。「クラスにこんな人いたよね!」から、「絶対いないだろこんなやつ!」みたいな、とにかく同級生が非常に個性的で面白いので、そこにもぜひ注目していただきたいです。

今回、スネオ(枝松)役ということですごく不思議な気持ちになっています(笑)。

――新川優愛さんとの共演、印象についてはいかがですか。

初めてお会いした時に、「うわ!本物だ!」と思いました(笑)。世代もそこまで離れてなくて、バディ役ということで楽しみになりました。性格が真逆っぽいので、今回の撮影時のテーマは、「新川さんに嫌われないようにしよう!」これ一点でいこうと思いました(笑)。

――今後、撮影を通して楽しみな事や、意気込みを。

一発OKを連発してみたいです!「はいOK、次!」みたいな、“一発でいけたよ”を連発したいなと思います!

――視聴者へのメッセージをお願いします。

とても面白いドラマになる予感がしています。ドラマで主演を務めさせてもらうことが夢のようで正直とても緊張しているのですが、任せていただいたからには精一杯演じたいと思っています。

見てくださる皆さんを楽しませられるよう頑張ります。とにかくとても惚れ込んだドラマですので、毎話出てくる同級生にも注目していただきながら、ぜひ最後まで見ていただけたら嬉しいです。よろしくお願いします!

新川優愛/片山美晴役 コメント

――今回の作品の印象や魅力について教えてください。

初めにタイトルを聞いたとき、どういうことだろうと思いました。原作を読んでみると、主人公の男の子が想像していた人物と全く違っていて、すごく目立つ子じゃないけど優しくて、全ての人間を愛すことができる…。それが脛男さんなのかなと思いました。

そこが回想シーンでもたくさん描かれるし、木村昴さんの優しさが、物語を通じてたくさん感じられると思います。“優しい回想ハートフルコメディ”という長いキャッチフレーズなのですが、見てくださる方に寄り添ってくれるような、そういうドラマになっていると思います。

――木村昴さんとの共演、印象についてはいかがですか。

明るくてお友達が多くて、お話しすることが好きでコーラが好き。そういうイメージでした。実際会ってお話させていただいて、明るく常にみんなのことを笑わせてくれる方だなと思ったので、これからの撮影も楽しみです。

――今後、撮影を通して楽しみな事や、意気込みを。

私たちの時間軸とは別で、中学生の子たちのシーンもあります。編集でつながったとき、「どういう風になっているんだろう?」「どう完成するのか?」その編集具合が今から楽しみです。

――視聴者へのメッセージをお願いします。

ドラマを見てくださる皆さんに寄り添えるような、背中も押してくれるけど包んでくれるような作品になると思います。肩ひじ張らずに、ちょっと力を抜いて、くすっと笑いながら見られる作品だと思いますので、楽しみにしていただけたらうれしいです。

原作者・爪切男 コメント

「お前は女の子と恋はできないだろう」…父親から衝撃の事実を告げられた少年は、ただがむしゃらに、ひたすら愚かにクラスメイトの女の子に恋するようになりました。誰かを好きになることなら自分にもできると思ったのです。

ハートフルエッセイと謳ってはおりますが、怨念にも近い私の恋を映像化していただき心より感謝しております。全ては作中に登場する魅力あふれるヒロインたちのおかげです。本当にありがとうございます。

原作を下敷きにして、ミステリ要素や大人になったヒロインたちとの再会も描かれるそうです。いったいどんなストーリーになるのでしょう。ひとつだけ確実なのは、映像化されたヒロインたちに私はまた恋をするのでしょう。

矢部誠人プロデューサー コメント

秀逸で、インパクトのあるタイトルと、最高にくだらない(ほめ言葉です)エピソードの数々。全てを愛し、受け入れる男の子の人間賛歌の物語。私はこの原作を読んで、すぐ虜になりました。

そして、初めてお会いした爪さんはやっぱり変態で(誉め言葉です)、愛に溢れた素敵な方でした。今作の主人公・枝松脛男は、人によっては欠点と言われたり、コンプレックスに感じていたり…そんなところに惹かれて、すぐ恋に落ちてしまう男です。

多様性が叫ばれる世の中ですが、枝松のように「みんなの個性や生き方を肯定する、好きになる」ということが本当の多様性だと思いますし、今の時代だからこそ世に届けたいメッセージだと強く感じています。

枝松を演じるのは、多くの人に愛され、サービス精神旺盛で、笑顔がキュートな木村昴さん。相方の編集者・片山美晴は、優しさと芯の強さを兼ね備え、まっすぐな眼差しが魅力的な新川優愛さん。

クラスメイトの女子全員を好きになってしまった“優しいダメ男”と、全てに全力投球で情熱的な“崖っぷち女”。この2人がどんなコンビに成長していくのか、そして中学生パートと合わさって、どんな化学反応を起こすのか、今から楽しみです。

もし皆さんのクラスに枝松がいたら、どんな学生生活になっていたでしょうか。学生時代の懐かしさに浸りながら、この夏、最高に熱いハートフルコメディをお届けします!

元記事で読む
の記事をもっとみる