1. トップ
  2. 主演・高野洸×ヒロイン・井頭愛海がおくる“溺愛”ラブストーリー! 人気漫画『過保護な若旦那様の甘やかし婚』実写化

主演・高野洸×ヒロイン・井頭愛海がおくる“溺愛”ラブストーリー! 人気漫画『過保護な若旦那様の甘やかし婚』実写化

  • 2024.4.23
  • 59 views
ドラマ『過保護な若旦那様の甘やかし婚』より(左から)主演・高野洸、ヒロイン・井頭愛海 (C)「過保護な若旦那様の甘やかし婚」製作委員会・MBS width=
ドラマ『過保護な若旦那様の甘やかし婚』より(左から)主演・高野洸、ヒロイン・井頭愛海 (C)「過保護な若旦那様の甘やかし婚」製作委員会・MBS

累計40万部を突破したこだちの漫画『過保護な若旦那様の甘やかし婚』が、主演に高野洸、ヒロイン役に井頭愛海を迎えて実写ドラマ化され、5月23日よりMBSほかにて順次放送されることが決まった。

【写真】高野洸&井頭愛海の初々しくも極甘な原作コラボビジュアル&原作書影

本作は、浅草の老舗旅館の若旦那・染谷雪斗と、人生どん底だった時に雪斗がくれた甘い金平糖に心和み、以来“推し”としていちずに思いを寄せる板前修業中のピュアな女の子・鶴岡依音の物語。雪斗の突然のプロポーズから始まる、過保護で甘々な新婚生活を描いた“溺愛”ラブストーリーだ。監督・脚本は三木康一郎。

紳士でモテるが依音のこととなると不器用すぎるほど真っすぐな若旦那様・染谷雪斗を演じるのは、元Dream5メンバーの高野洸。

そんな雪斗のことを幼い頃から慕い、“推し”として憧れ、恋心を抱く板前修業中のピュア女子・鶴岡依音役には井頭愛海。

父を亡くしたあの日。幼い依音を救ったのは若旦那様がくれた甘い金平糖だった―。浅草の老舗・染谷旅館でひたむきに板前修業に励む鶴岡依音(井頭)。幼い頃先代の板長だった父を亡くし、悲しみに暮れていたところに光を与えてくれた若旦那・染谷雪斗(高野)を尊き“推し”とあがめ、美しく仕事熱心な姿をみてひそかに思い続けていた。

そんなある日、若旦那の縁談のうわさを聞き、ショックを受けるも「板前としてお役に立てるよう修行を頑張ろう!」となんとか気持ちを切り替えた依音だったが、銭湯から帰ろうと外に出ると待ち伏せする雪斗の姿が…。さらに思いがけず二人で依音の部屋へ行くことになり? 職場では冷静沈着で憧れの的の雪斗だが、けなげでピュアな依音の前では気持ちを抑えきれずに…。

十年来の思い人との密会にうれしくも戸惑う依音だったが、翌朝、大旦那の前で雪斗から突然のプロポーズを受けて―。「老舗旅館の若旦那×板前修業中のピュア女子」の過保護で甘々な“溺愛”新婚生活がスタートする。

高野は「沢山の長所を兼ね備えた若旦那ですのでハードルが高いですが、自分の限界までしっかりとチューニングして頑張ります」、井頭は「本格的な恋愛ドラマは初めてなので緊張もありますが、皆さんにキュンキュンして頂ける作品になるよう高野さんと共に頑張りたいと思います!!」とコメントした。

ドラマ特区『過保護な若旦那様の甘やかし婚』は、MBSにて5月23日より毎週木曜24時59分、テレビ神奈川にて5月23日より毎週木曜23時30分、チバテレビにて5月24日より毎週金曜23時、テレビ埼玉にて5月29日より毎週水曜24時、とちぎテレビにて5月30日より毎週木曜22時30分、群馬テレビにて5月30日より毎週木曜23時30分放送(全6回)。

高野、井頭、原作者、監督のコメント全文は以下の通り。

<コメント全文>

■高野洸

染谷雪斗役を演じます、高野洸です。

沢山の長所を兼ね備えた若旦那ですのでハードルが高いですが、自分の限界までしっかりとチューニングして頑張ります。妥協を許さないカンパニーで心を込めて丁寧に作っています。そんな作品の主演をやらせていただけることを幸せに思います。

皆様宜しくお願いします!

■井頭愛海

本格的な恋愛ドラマは初めてなので緊張もありますが、皆さんにキュンキュンして頂ける作品になるよう高野さんと共に頑張りたいと思います!!

原作の可愛いらしくてほっこりする世界観を大切に、健気で一生懸命で頑張り屋さんな依音ちゃんを応援して頂けるキャラクターになるよう精一杯務めたいと思います!! 是非放送をお楽しみにお待ち下さい!!

■原作者:こだち

お話を頂いた時は夢みたいな気持ちでいましたが放送日が近づくにつれてワクワクが大きくなってます! ドラマ化に向けて尽力してくださった皆様には感謝申し上げます。

高野洸さんの若旦那様と井頭愛海さんの依音、お二人によって映像ならではのトキメキが見られるのではないかと胸が躍る思いです。若旦那様の過保護な甘やかしが皆様の癒しの時間になりますように…。

■監督&脚本:三木康一郎

原作の一節にあった「一番そばにいてほしい君が俺の妻でいてくれる」なんとも幸せなそのフレーズに心動かされたことからのスタートでした。ドラマ作りのセオリーを捨てて、ただただ幸せな物語を作り上げることにコミットしようと思いこの作品に挑みました。

大きな事件や事故は起こらず、嫌なことも起こらないドラマ作りは経験があまりないので、主演である高野洸さんが持っている優しさをどこまで引き出せるかが、鍵を握るんじゃないか?と思い、彼と一緒に「幸せ」を追求しながら作っています。

この作品は、確実に見ているみなさんを幸せにさせることと思います。人を好きになる気持ちをこの作品で少しでも感じてくれればと思っています。

元記事で読む
の記事をもっとみる