1. トップ
  2. スキンケア
  3. ホントは10代から始めたい!首のしわを作らせない生活習慣4つ

ホントは10代から始めたい!首のしわを作らせない生活習慣4つ

  • 2016.2.20
  • 25572 views

顔は可愛いのに、首のしわがくっきり! こんな女子、あなたは見たことありませんか? 年齢が出やすいといわれる手や首は、アラフォー女性が気にするものだと思ったら大間違い。

普段の生活の中で繰り返される習慣が、20代前半だろうと首にくっきりしわを刻んでしまいます。そこで今回は、早めに見直したい習慣をご紹介。今すぐチェックして!

シャンプーは上向きで!

毎日洗う髪の毛。頭は下に下げている?それとも上を向いて洗っている?
多くの人は下を向いて洗っているようですが、頭の重さは約5kg。これを支える細い首は、頭の重さも手伝って首のしわを作る原因になってしまいます。

また、洗浄力が強いシャンプーが、顔をつたって流れるのも美肌にはマイナス。顔にかからないように、上を向いて洗うのがあらゆる面でプラスです。

高すぎる枕はNG

人によって睡眠時間は違うけど、4~8時間は寝ているはず。この間、寝返りを打つにしても、高すぎる枕を使うと首にしわが寄るのは想像できますよね。

首のしわ防止のために枕を使わないという人もいますが、人によっては顔がむくんでしまうので、適切な高さの枕をしたほうが安眠にもプラスです。

理想の枕の高さは、バスタオル2枚分くらいが首や肩にも負担がかからない高さ。肩こりがひどい人も、もしかしたら枕が高すぎるかもしれないので見直して。

スマホの体勢に注意

生活に欠かせないスマホですが、下を向いて長時間いじっていると、首にしわがくっきり刻まれる原因に。ゲームやマンガ、SNSと時間を忘れてしまいがちですが、下を向きがちな電車の中などは特に姿勢に気を付けて!

首は顔と同じお手入れで

顔より下のパーツは体の仲間と思っていませんか? エステのフェイシャルがデコルテまで行うように、顔の皮膚と一枚続きの首は、顔と同じお手入れをするべきです。
体を洗う時は、ボディソープじゃなくて洗顔フォームで、お手入れは、ボディクリームじゃなくて、顔と同じように化粧水や乳液でケアしましょう。

毎日のちょっとした積み重ねが、5年後、10年後の首のしわの深さに影響してきますよ。ほんの少し見直すだけで大きな差が出るので、是非習慣にしてくださいね。