1. トップ
  2. 孤高の天才“プリンス”の真実に迫るドキュメンタリー、6.7公開決定 ピーター・バラカンのコメントも到着

孤高の天才“プリンス”の真実に迫るドキュメンタリー、6.7公開決定 ピーター・バラカンのコメントも到着

  • 2024.4.21
  • 107 views
映画『プリンス ビューティフル・ストレンジ』ポスター (C)PRINCE TRIBUTE PRODUCTIONS INC. width=
映画『プリンス ビューティフル・ストレンジ』ポスター (C)PRINCE TRIBUTE PRODUCTIONS INC.

2016年急死したミュージシャン、プリンスの真実に迫るドキュメンタリー『Mr. Nelson On The North Side』(原題)が、邦題を『プリンス ビューティフル・ストレンジ』として、プリンスの誕生日である6月7日より全国公開されることが決定。併せて、ポスタービジュアルとブロードキャスターのピーター・バラカンさんより到着したコメントが解禁となった。

【動画】音楽ファン必見のドキュメンタリー『ジョン・レノン 失われた週末』日本版予告

2016年4月21日、57歳の若さで急死した天才ミュージシャンのプリンス。80年代、自伝的映画『パープル・レイン』、同映画サントラのメガヒットで、一躍世界的スーパースターに。公式発売されたアルバムのトータルセールスは1億5千万枚。12枚のプラチナアルバムと30曲のトップ40シングルを生み出し、7度のグラミー賞を受賞。2004年にはロックの殿堂入りを果たすなど、生涯ロック・ポップス界の頂点に君臨し続けた。ポール・マッカートニーが“クリエイティブの巨人”と称し、エリック・クラプトンが“世界で最高のギタリストの1人”と称賛するなど、マニアを公言するビッグネームは数知れない。ロック~ポップス~ファンク…あらゆるジャンルの垣根を飛び越え、実験性と大衆性を同時に奏でる真の天才だった。

米ミネアポリスで誕生したプリンス(本名プリンス・ロジャーズ・ネルソン)は、住民の99%が白人という環境下で、多感な青春時代を過ごした。公民権運動の渦中、ジェームス・ブラウン等の黒人ミュージシャンも時折訪れた、地元のブラックコミュニティー“ザ・ウェイ”での音楽的な原体験、恩師や家族が語る幼少期のエピソードは、興味深いものばかりだ。チャカ・カーン、チャックD、ビリー・ギボンズなど、プリンスを敬愛するミュージシャンのエピソードも多数収録。孤高の天才が、いかにして誕生したのか、そして突然の悲劇まで、プリンスを愛する全てのファンに贈るドキュメンタリー。

ポスタービジュアルでは、「世界中が悲しみの雨に濡れた突然の悲劇から8年 孤高の天才“プリンス”の真実に迫る傑作ドキュメンタリー」というコピーと共に、プリンスがチューインガムを膨らます正面の顔と、そのガムを指に絡めて怪しくほほ笑む横顔を写した、全体的に淡いパープルカラーのビジュアルとなっている。

本作をいち早く鑑賞したピーター・バラカンさんからは「プリンスと共に、彼が育ったミネアポリスがある意味でこのドキュメンタリーの主役になっています。デビュー前に拠点となっていたクラブ、ファンのために突然ライヴを開催したペイズリー・パークなど、新発見の多い映画です」とのコメントが到着した。

映画『プリンス ビューティフル・ストレンジ』は、6月7日より全国公開。

元記事で読む
の記事をもっとみる