1. トップ
  2. ドラマ『からかい上手の高木さん』月島琉衣&黒川想矢、小豆島ロケが“高木さん&西片”体現の手助けに

ドラマ『からかい上手の高木さん』月島琉衣&黒川想矢、小豆島ロケが“高木さん&西片”体現の手助けに

  • 2024.4.21
  • 54 views
(左から)黒川想矢、月島琉衣 クランクイン! 写真:高野広美 width=
(左から)黒川想矢、月島琉衣 クランクイン! 写真:高野広美

隣同士に座る中学生2人の日常を描くラブコメディー『からかい上手の高木さん』(TBS系/毎週火曜23時56分 ※放送時間変更になる場合あり。一部地域を除く)が反響を集めている。人気漫画の実写化という大役に挑むのはオーディションで選ばれた16歳の月島琉衣と14歳の黒川想矢。フレッシュな2人に話を聞くと、作品から飛び出してきたかのような、初々しさときらめきとエモさがあふれるトークが展開された。

【写真】ピースサインを見せる黒川想矢と笑顔を見せる月島琉衣がリアル“西片&高木さん”すぎる!

◆1ヵ月に及ぶ小豆島ロケを満喫

本作はシリーズ累計1200万部突破の山本崇一朗による漫画(小学館「ゲッサン少年サンデーコミックス」刊)を実写ドラマ化。とある中学校、隣同士に座る「からかい上手の高木さん」と「からかわれっぱなしの西片」という2人の日常を描く。原作は、TVアニメ第1期~第3期が放送、劇場版アニメも公開されるなど人気を呼び、今年5月31日には永野芽郁&高橋文哉のコンビで原作の10年後を描く映画『からかい上手の高木さん』の公開が予定されている。

「高木さん」を演じる月島琉衣は、2008年神奈川県出身の16歳。「Seventeen」の専属モデルとして活躍するほか、話題のドラマへの出演も続く注目の若手女優。「西片」を演じる黒川想矢は、2009年埼玉県出身の14歳。第76回カンヌ国際映画祭で脚本賞に輝いた是枝裕和監督の『怪物』で、物語の鍵を握る少年を演じた期待の実力派だ。本作で2人は、恋愛映画の名手・今泉力哉監督のもと、アニメの舞台として聖地となっている香川県小豆島で1ヵ月にわたる全編ロケを行い、「高木さん」と「西片」に体当たりした。

――小豆島での1ヵ月に渡る撮影の思い出を聞かせてください。

月島:私は1ヵ月も家を離れることが初めてだったのですが、意外と一人暮らしって楽しいなと気づきました(笑)。小豆島は景色もきれいで、すがすがしい気持ちで撮影できました。エキストラで参加してくださった島のみなさんも温かくて、すごくいい島だなと思いました。

黒川:僕は海なし県出身なので、毎朝カーテンを開けると、海があって、フェリーが通っていてっていう生活がすごくステキでした。小豆島での1ヵ月のロケを通して、島で生まれて14年間育った西片の空気というか、こういう生活をしていく中で西片はどんなことを考えるのかな?っていうことが島に住んでみて想像できましたし、何よりもすごく気持ちがよくて楽しかったです。

月島:撮影がお休みの時にみんなでオリーブ公園に行ったり、ちょうど桜が咲いていたので、お花見をしたりしました。同世代の子たちが多かったので、話も弾んでしゃべりやすかったですし、みんなでお昼ごはんを食べたりして仲良くなれました。

黒川:現場に行く途中に、ごま油の工場があって、ずっとごま油のにおいがしていたんです。最近はそのにおいが懐かしくなって、ごま油が好きになりました(笑)。

月島:いい匂いでした(笑)。

――小豆島で美味しかったもの、オススメなものはありますか?

月島:「オリーブそうめん」です。そうめんにオリーブが練り込まれているんですけど、そうめんが緑色で珍しくておいしかったです。

黒川:僕は島で食べたジェラートがすごくおいしくて。「島レモンチーズアスパラガス」味を食べたんですけど、全部の味をちゃんと感じられて、島を感じておいしかったなって覚えています。

◆月島琉衣&黒川想矢のお気に入りの“キュン”シーンは?


――そんなお2人が演じられる「高木さん」と「西片」ですが、どんなキャラクターだと思われましたか?

月島:高木さんは性格面では自分と真反対だなと思っていて、原作を読んで撮影に入るまでは、凛として大人っぽい性格だと思ったので、声のトーンやテンポとか細かいところも意識していました。でも撮影に入ったら、意外といい意味で何も考えずにというか、自然体で撮影できたのでよかったなと思います。高木さんの攻略本みたいなものを買って、「高木さんはこういう時にはこんな“からかい”が出る」というのを研究したりもしました(笑)。

黒川:そんな本があるんだ! …知らなかった。

月島:撮影中も読んでいて、西片には見せてあげたかったけど、見せませんでした(笑)。

黒川:読めばよかったな。それがあったら勝てたかもしれないのに。

僕は西片と似ているかは自分ではよくわからないのですが、月島さんや今泉監督は似てると言ってくださるので、たぶん似ている部分もあるのかもしれないです。西片は、思っていることが表情に出ちゃったり、嘘がつけない子だと思っていて、そういうところが僕も結構似ているかもと思うんですけど、自分ではそう認めたくないところもあって。

撮影中は高木さんにからかわれて、なんでこんなにからかわれてるんだ!みたいな気持ちになり悔しくなって、絶対からかい返すぞ!と、本当に西片と同じような気持ちで撮影していました。

――もし月島さんの同じクラスに西片みたいな男の子がいたら、気になりますか?

月島:高木さんがからかうたびに出る、「やめてよ!」とかの大きな反応はかわいいなと思います(笑)。

――中学生男子からすると、高木さんは大人っぽくて、小悪魔というかずるいというか、なかなか手強い相手ですよね。

黒川:そうなんですよ! ずるいんですよ!

月島:(笑)。でも、高木さんも、西片に優しいことを言われたりすると、表で見せないけど裏で照れて喜んだりして、女の子らしいかわいいところもあるんです!

――月島さんも黒川さんも、ふだんからあんな感じなのかな?と思うくらい自然なやりとりでした。初対面の時の印象はいかがでしたか?

黒川:最初会った時は、なにもしゃべれなくて…。

月島:一言もしゃべってない(笑)。

黒川:どうしようと思って、まずは「高木さん」って呼ぶことから始めました。撮影中にいろいろ話したり、撮影が終わってからも次のシーンの台本の読み合わせをしてもらったり、徐々に互いを知りつつ撮影をしていたんで、楽しかったです。

――撮影中もコミュニケーションを取りながらだったんですね。

黒川:けっこう意地悪でした(笑)。

月島:え~!? 意地悪ってほどではないよ(笑)。

――第2話の腕相撲のシーンでは、高木さんが「手繋いでるなーと思って」と言ったり…。

黒川:あれ反則ですよね!

月島:(笑)。高木さんはそういうのにも照れないっていう性格だったので、私は実際に撮影していても意識せずに握ってました。すらっと自然に。

黒川:僕はめちゃくちゃドキドキしました。これは勝負だから! 勝つために! そんな気持ちでいました。

月島:撮影以外でも、高木さんの性格が浸透していて、ちょっと驚かせたりっていうのもありました(笑)。

黒川:ありました。

月島:本当に驚いてくれてたのでよかったです(笑)。

――お気に入りの“キュン”シーンを教えてください。

月島:5話でバレンタインのシーンが出てくるんですけど、そこでのチョコにまつわる高木さんの行動は、見てくださる皆さんも「どういうことだ?」ってなると思うので、そこが“キュン”ポイントです。

黒川:バレンタインのシーンは、高木さんと西片以外にも、クラスメイトのドキドキのシーンも楽しくて印象に残っているので、ぜひ見ていただきたいなと思っています。

◆“〇〇上手な月島さん”に黒川クレーム?


――高木さんは“からかい上手”ですが、お2人は“〇〇上手”な一面はありますか?

黒川:僕は昨年からミシンを始めたのですが、「ミシン上手な黒川くん」になりたいです。パソコンバッグとか、折りたためるエコバッグとかを作るのが好きなのと、いつか服を作ってみたいと思ってます。

月島:私は、「料理上手な月島さん」です。いま料理にハマっていて、作れるときはいろんなものを作りたいなと思っているので、これからも、結構迫力のある…。

――迫力のある???

月島:(笑)。大きい料理も作ってみたいです。すごく大きいハンバーグ“どでかハンバーグ”とか。得意料理は出汁巻き卵です。ちゃんと巻けて、家族からも絶賛でした。こないだは餃子を作ったんですけど、お花とかハートとかいろんな形にチャレンジをして…。

黒川:いろんな形!? 僕はLINEのアイコンを餃子にするくらい餃子好きなんですけど、餃子はあのフォルムだからいいんですよ!

月島:なんでなんで~?(笑) ちゃんと定番のものも作れるよ。(自作の餃子の写真を見せる)

――(笑)。今回初共演ですが、いつかまた共演できるとしたら、どんな役どころがいいですか?

月島:撮影中にも話したんだよね? 大人になったらまた共演したいねって言っていて、その時の役は…。

黒川:(手術前によくある、両手を挙げるポーズで)ドクターです!

――医療物なんですね! ライバル同士や、今度は黒川さんが月島さんを騙したり翻弄したりするのも面白そうです。

黒川:メス!ってやりたいんです。

月島:(笑)。

――10年後のTBS日曜劇場で期待しています!(笑) それでは最後に、『からかい上手の高木さん』、今後の見どころを教えてください。

月島:これからも自然な日常の感じが最後まで描かれているんですけど、内容が濃くなっていきますし、クリスマスやバレンタインといったイベントも出てきます。後半になるにつれて、私自身も感動する場面が増えていったので、みなさんも最後まで見ていただけたらうれしいです。

黒川:島の風景や空気もたくさんドラマの中に入っているので、そういうところにも注目していただきつつ、2人のからかってからかわれるという関係性に注目して最後まで見ていただけたらうれしいです。

月島:アニメに出てくるスポットがドラマにも出ていたりするので、そこも楽しみにしていただきたいと思います。

黒川:あ、ここか!ってなると思います。

(取材・文:近藤タイスケ 写真:高野広美)

ドラマストリーム『からかい上手の高木さん』は、TBS系にて毎週火曜23時56分放送。

(C)山本崇一朗/小学館 (C)TBS

元記事で読む
の記事をもっとみる