1. トップ
  2. 福士蒼汰×松本まりか『湖の女たち』“男”と“女”2つの視点で映し出した特別予告解禁

福士蒼汰×松本まりか『湖の女たち』“男”と“女”2つの視点で映し出した特別予告解禁

  • 2024.4.20
  • 74 views
映画『湖の女たち』場面写真 (C)2024 映画「湖の女たち」製作委員会 width=
映画『湖の女たち』場面写真 (C)2024 映画「湖の女たち」製作委員会

福士蒼汰と松本まりかがW主演する映画『湖の女たち』より、“男”と“女”2つの視点で映し出した特別予告「男たち編」「女たち編」が解禁された。

【動画】歪んだ支配欲が行きつく先にあるものとは――映画『湖の女たち』<男たち>編

吉田修一の同名小説を大森立嗣監督・脚本にて映画化した本作は、介護施設での殺害事件を発端に、刑事と容疑者の衝撃的な関係の行方と、事件に隠された真実が暴かれていくヒューマン・ミステリー。刑事・濱中圭介役を福士蒼汰、事件が起きた施設の介護士・豊田佳代役を松本まりかが演じる。

湖畔の介護施設で100歳の老人が殺された。事件の捜査にあたった西湖署の若手刑事・濱中圭介とベテランの伊佐美は、施設の中から容疑者を挙げ、執拗な取り調べを行なっていく。その陰で、圭介は取り調べで出会った介護士・佳代への歪んだ支配欲を抱いていく。

一方、事件を追う週刊誌記者・池田は、この殺人事件が、署が隠蔽してきたある薬害事件と関係があることを突き止めていくが、捜査の先に浮かび上がったのは過去から隠蔽されてきた恐るべき真実だった―。

この度、登場人物たちを“男”と“女”2つの視点で描き出した特別予告「男たち編」「女たち編」が同時解禁された。「男たち編」では、不審死事件を追う刑事・濱中圭介(福士)と伊佐美佑(浅野忠信)にフォーカスする。事件の真実を追求するよりも犯人を確保することを優先し、容疑者に対し不当な取り調べや圧迫捜査を繰り返していく2人。介護士の松本郁子(財前直見)を荒々しい態度で問い詰める様子も映し出されている。彼らの歪んだ支配欲が行きつく先にあるものとは? そして映像の最後に伊佐美によって発せられる「濱中君よ、世界は美しいんかなぁ」という言葉に含まれている真の意味とは?

「女たち編」では、本作のキーマンとなる4人の女たちが映し出されていく。事件が起きた介護施設で働き、次第に濱中とインモラルな関係に溺れていく介護士・豊田佳代(松本)、事件の真実を追いかける正義感溢れる週刊誌の若手記者・池田由季(福地桃子)、刑事の濱中と伊佐美に不当な容疑をかけられ、次第に心身ともに追い詰められていく介護士・松本郁子(財前)、池田が事件について調査していくうちに辿り着く、殺された100歳の老人の謎めいた妻・市島松江(三田佳子)。心を縛りつけられていた彼女たちは、事件とその過去に隠された衝撃の事実を通して、時に抗い、叫びながら、自身を解放しようとする。

登場人物たちと重要なシーケンスが断片的に切り取られた両映像は、不審死事件の裏に隠された深い闇と渦巻く人間模様を色濃く感じ取れる仕上がりとなっている。

映画『湖の女たち』は、5月17日より全国公開。

映画『湖の女たち』<男たち>編

元記事で読む
の記事をもっとみる