1. トップ
  2. 【琉球風水志シウマが伝授】荷物が少ないのが理想? 旅行先で運気アップを実践する6つの方法

【琉球風水志シウマが伝授】荷物が少ないのが理想? 旅行先で運気アップを実践する6つの方法

  • 2024.4.18
  • 4237 views
 旅行先で運気アップを実践する6つの方法 (C)琉球風水志シウマ、サカイユカリ
旅行先で運気アップを実践する6つの方法 (C)琉球風水志シウマ、サカイユカリ

テレビや雑誌、講演会などで活躍し、今話題沸騰中の琉球風水志シウマさん。風水や数字を用いた開運法などを紹介してきたシウマさんが、引越しや家づくり、掃除の仕方など、より生活に根付いた運気アップの方法を教えてくださいます。ぜひ参考にしてみてください!

※本記事は琉球風水志シウマ著の書籍『琉球風水志シウマの開運“福”部屋マニュアル』から一部抜粋・編集しました。

旅行先の琉球風水開運アドバイス

■旅行の荷物は少ないのが理想

琉球風水では余裕や余白が大切なので、旅行の荷物は最低限で身軽な方がよいと考えます。

足りないものは出先で買えばいいですし、ハプニングに対応する力を養うのも運気アップには効果的。どうしても荷物が多くて持って行くのが大変なら、事前に宿へ送ってしまいましょう。

 旅行先で運気アップを実践する6つの方法 (C)琉球風水志シウマ、サカイユカリ
旅行先で運気アップを実践する6つの方法 (C)琉球風水志シウマ、サカイユカリ

■旅先で宝くじの当せん確率がアップ!?

土地が変わると気が変わるので、宝くじに当たりやすくなります。高額当せんしたらその土地でお金を使うか、ふるさと納税や寄付などで10%お返しして。

でないと当せんしなかった人たちの負のエネルギーによって運気がダウンする恐れが!

■足湯は手軽な開運スポット

足は地面から運気を吸い上げる役割があるので、しっかりケアすると開運に。旅先に足湯があるなら、短時間でいいのでつかりましょう。

ドクターフィッシュのいる足湯なら、角質もきれいになってより運気がアップ!

■自然は運気への影響大

自然が多い場所はエネルギーが強く、運気への影響は大きくなります。水がきれいな場所は本来は開運スポットですが、土砂災害などが起きた後は一気にマイナススポットに。事前にそういった情報を調べて、臨機応変に対応することも開運のためには必要です。

自然は運気への影響大 (C)琉球風水志シウマ、サカイユカリ
自然は運気への影響大 (C)琉球風水志シウマ、サカイユカリ

■“6と16”の座席番号で安全な旅に

新幹線や飛行機などで旅行するなら、神仏などの不思議な力をキャッチしてくれる6か16の座席番号を選ぶと、身の安全が守られます。

そのため、事故やトラブルにあわずに目的地へスムーズに到着できるでしょう。自家用車の場合は、6と書いた紙を持って行くとお守り代わりになります。

■食事でその土地のパワーを得よう

その土地の新鮮な野菜などを食べられる場所は、エネルギーを充填できる開運スポットになります。地のものを使ったおいしい食事を摂れば、いい気がどんどん入ってきます。

著=琉球風水志シウマ/『琉球風水志シウマの開運“福”部屋マニュアル』

元記事で読む
の記事をもっとみる