1. トップ
  2. 池松壮亮“半助”、報告する住民のネタとしてホームレスの又吉直樹“父”と大沢一菜“息子”に目をつける<季節のない街>

池松壮亮“半助”、報告する住民のネタとしてホームレスの又吉直樹“父”と大沢一菜“息子”に目をつける<季節のない街>

  • 2024.4.18
  • 133 views
「季節のない街」第3話より (C)テレビ東京
「季節のない街」第3話より (C)テレビ東京

【写真】つまみ食いをする皆川猿時“擬トラ”

宮藤官九郎が企画・監督・脚本を、池松壮亮が主演を務めるドラマ25「季節のない街」(毎週金曜夜0:42-1:13、テレ東系※初回の4月5日と最終回の6月7日は5分拡大/ディズニープラスにて配信中)の第3話が4月19日(金)に放送される。同作は、山本周五郎の同名小説をベースに、舞台となる“街”を12年前に起きた“ナニ”の災害を経て建てられた仮設住宅のある“街”へ置き換え、現代の物語として再構築。希望を失い、この“街”にやってきた主人公が“街”の住人たちの姿に希望を見つけ、人生を再生していく青春群像エンターテインメントとなっている。

宮藤が20代の頃から切望していた企画を映像化

同作は、宮藤が20代のころから切望していた企画で、テレ東とディズニーの共同製作で実現した作品。原作小説は、1970年に黒澤明監督が「どですかでん」のタイトルで映画化したことでも知られており、映画は1972年の第44回アカデミー賞外国語映画賞(現・国際長編映画賞)にノミネートされた。

2023年8月にディズニープラスで先行配信が始まると、「笑って、泣いて、考えさせられた」「全キャラが愛おしい!」「苦しくなるけど、クスッと笑える。人生のような全10話」「宮藤官九郎の最高傑作」「今、見るべき作品」など、多数の称賛の声が寄せられた。

群像劇を彩るキャストが多数集結

怪しげな男の指示で、街に住む人々の暮らしぶりを報告する仕事を請け負い、猫のトラと一緒に街に潜入する主人公・半助こと田中新助を演じるのは池松。そして、街の青年部を率いる、母親の愛情に飢えた承認欲求高めな“親思い”の次男坊・タツヤ役を仲野太賀が務める。

また、街の近所に住む酒屋の息子で、好きな女の子目当てで街に出入りしているオカベを演じるのは渡辺大知。さらに、オカベが恋する街で一番内気なかつ子役は三浦透子、タツヤの母・しのぶ役は坂井真紀、「どですかでん」と叫びながら“見えない電車”を毎日1人で運転する六ちゃん役は濱田岳、六ちゃんの母・くに子役は片桐はいり、六ちゃんのよき理解者であり街を見守るたんばさん役はベンガル。

そして、向かいあった仮設住宅に暮らす親友同士である2組の夫婦の、増田益夫を増子直純(怒髪天)、その妻・光代を高橋メアリージュン、河口初太郎を荒川良々、その妻・良江をMEGUMIが演じる。

ほか、皆川猿時、又吉直樹、前田敦子、塚地武雅、藤井隆、鶴見辰吾、岩松了などのキャストが集結し、“全員ワケあり&いわくつき”の個性豊かな住人として登場する。

第3話では――

三木本(鶴見辰吾)に報告する住民のネタに困った半助(池松壮亮)は、飼い猫のトラの悠々自適な生活について書き始める始末。

次に目をつけたのはホームレスの親子。父(又吉直樹)と息子(大沢一菜)の二人は、仮設住宅の敷地内に段ボールハウスを作り、街の外で息子が食料を調達することで暮らしていた。

父親は「リッチマン」と書かれたトレーナーを着ており、もとは大卒のエリートと噂されるほどのインテリな語り口。後日、ホームレス親子の様子を三木本に報告するが、それが予期せぬ事態を巻き起こす。

――という物語が描かれる。

「半助さんの飼い猫、トラだす!」

公式HPなどで公開されている予告動画は、半助の相棒で唯一の家族でもある猫トラが擬人化した姿・“擬トラ”(皆川猿時)のオールナレーション仕様となっている。

「半助さんの飼い猫、トラだす! まあトラ的には、むしろトラが半助さんを飼っているという認識なわけで、半助さんがトラの飼い人間なんすわ。にゃあ〜! 第3話、半助とネコ、トラ的にはネコと半助、にゃあ〜!」という言葉と共に、街の人からかわいがられるトラや、ホームレス親子が食事をする様子、お菓子をおすそ分けされるホームレスの息子、隠れて写真を撮る半助の姿が。

さらに、居酒屋で食事をする三木本と煌びやかな女性たちや、通り過ぎる六ちゃんを見つめる半助、捨てられる荷物を呆然と見つめるホームレス親子の姿などが切り取られている。

元記事で読む
の記事をもっとみる