1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 【ダイソー】かわいすぎる…けど、おもちゃじゃないんです。不器用さんを救うピンクのうさぎの正体とは?

【ダイソー】かわいすぎる…けど、おもちゃじゃないんです。不器用さんを救うピンクのうさぎの正体とは?

  • 2024.4.16
  • 6648 views

こんにちは!100均を調査し、掘り出し物を見つける企画「100均パトロール」のお時間です。今回のグッズは、こちらのピンク色のうさぎ。かわいい見た目ですが、どうやって使うものでしょうか?

【ヒント】不器用さんを救う立体的なうさぎ

うさぎは立体的に作られていて、内側はくり抜かれています。

うさぎの中にあるものを入れると、いつものヤツがかわいく変身!子どもが喜ぶ楽しい仕上がりになってくれます。

【ヒント】

①デコるのが苦手な不器用さんに助かるグッズです。
②筆者が購入した店舗では、「新生活コーナー」に置かれていました。

見栄えをぐんとアップしてくれるグッズで、子どもだけでなく大人もテンションが上がっちゃいますよ。

 【正解発表】ごはんをかわいく変身!

このグッズの正体は……

ごはんをアニマル型にできる「ぎゅっとポン!アニマル型で立体ごはん」でした!

新生活がスタートし、お弁当作りを始めた方も多いのでは?せっかくならかわいいお弁当を作りたいけれど、不器用さんにはハードルが高いですよね。

こちらは、そんな不器用さんにおすすめの便利グッズ。子どもも大人も笑顔になる、かわいいごはんが作れます。

今回はうさぎ型を選びましたが、くま型もありました。お好みで選んでくださいね。

使い方は簡単?不器用でも使えるか検証してみた

筆者は不器用で料理も苦手。そんな私でも簡単に使えるのか、実際に使ってみました。

【使い方】

①内側を水で濡らします。

※後片付けを楽にしたい場合は、内側にラップをしいてもOK。

②内側にごはんを入れます。

耳や足部分にもちゃんとごはんを詰めるのがコツ。ごはんを入れた後にしゃもじで軽く押さえると、きれいに仕上がります。

③型をひっくり返し、うさぎのお腹にあるつまみを持って型を外します。

立体的なうさぎ型が作れました!

④附属している抜き型で、飾り付けをします。ハム、チーズ、ゆで野菜、ゆで昆布など、薄く柔らかい食材を使ってください。今回は、スライスチーズを使いました。

抜いた具材で飾りつけをしたら、完成。

ちょっとしたひと手間で、大変身!いつものカレーライスも、こんなにかわいい姿になりました。

ぷっくりと立体的になっているのが、かわいいですよね。

手が込んでいるように見えますが、超簡単!不器用な筆者も失敗しらずでデコることができました。

アイデア次第でアレンジメニューも!

混ぜごはんやチキンライスなどを使ってアレンジを楽しむことができますよ。今回はケチャップライスを使って、オムライス作りに挑戦してみました。

卵をうさぎにかけたら、「おふとんオムライス」のできあがり。

不器用な自分にはデコ料理なんて無理!と思っていたけれど、このグッズを使えば時短でこの仕上がりです。美しくはないけれど、私にしては上出来!頑張らなくていいので、気軽に使うことができますよ。

子どもからかわいいお弁当をリクエストされた方、子どもの少食や偏食にお悩みの方は、ダイソーをチェックしてみてくださいね。

商品情報:ぎゅっとポン!アニマル型で立体ごはん 110円(税込)/ダイソー
※2024年4月時点の情報です。

撮影・文/小町ねず

元記事で読む
の記事をもっとみる