1. トップ
  2. 人気ドラマ『オレンジデイズ』開始から20周年 電撃引退した俳優も 若手人気キャストたちの今

人気ドラマ『オレンジデイズ』開始から20周年 電撃引退した俳優も 若手人気キャストたちの今

  • 2024.4.11
  • 107 views
(左から)妻夫木聡、柴咲コウ クランクイン! width=
(左から)妻夫木聡、柴咲コウ クランクイン!

2004年4月11日、ドラマ『オレンジデイズ』(TBS系)が放送開始して、本日で20周年だ。同年4月期の日曜劇場枠で放送された本作は、人気脚本家、北川悦吏子が手掛けた大学生を中心とする青春ドラマ。最終回は視聴率20%を超える大ヒットで、Mr.Childrenによる主題歌「Sign」とともに覚えている人も少なくないだろう。今回は、そんな20周年の『オレンジデイズ』で、大学生らを演じた若手キャストの現在をまとめた。

【写真】『オレンジデイズ』20周年 若手キャストたちの現在

■ 妻夫木聡

本作の主人公の1人、結城櫂を演じたのは妻夫木聡だった。当時23歳。2001年に初主演映画『ウォーターボーイズ』がヒットしてブレイク。ドラマ『ブラックジャックによろしく』(TBS系)、映画『ジョゼと虎と魚たち』など人気作、話題作で立て続けに主演を飾っていた。その後も大河ドラマ『天地人』(NHK総合ほか)など主演作多数。昨年は主演ドラマ『Get Ready!』(TBS系)が放送された。来月には、渡辺謙とダブル主演のドラマ『生きとし生けるもの』(テレビ東京系)が放送を控える。私生活では、2016年8月に女優のマイコと結婚。2人の間には2019年12月に第1子、2022年9月に第2子が誕生している。

■ 柴咲コウ

もう1人の主人公で、聴覚を失ってしまった悲劇のヒロイン・萩尾沙絵を演じたのは柴咲コウだった。当時22歳。10代の頃に出演した「ポンズ・ダブルホワイト」のCMや映画『バトル・ロワイアル』、『GO』への出演でブレイクし、すでに若手人気女優だった。なお、妻夫木とは本作の3年後の映画『どろろ DORORO』でもメインキャストとして共演している。2020年3月をもってスターダストプロモーションを退所し、自らが代表を務めるレトロワグラース株式会社に移籍。ファッションブランド「MES VACANCES(ミ ヴァコンス)」を立ち上げたほか、2018年には環境省の環境特別広報大使に任命されるなど、社会貢献活動にも積極的だ。

■ 成宮寛貴

櫂、沙絵らの同級生で相田翔平を演じたのは成宮寛貴さん。ドラマ『ごくせん』(日本テレビ系)に生徒役で出演しブレイクし、20代の頃から人気俳優の一角だった。本作以後も、人気刑事ドラマ『相棒』(テレビ朝日系)シリーズには、2012年放送のseason11から3代目相棒・甲斐享役として出演。2015年3月のseason13最終回の衝撃的な結末をもって卒業した。その後も活躍を続けていたが、2016年12月に突然、所属事務所を通じ芸能界からの引退を発表。世間を驚かせた。

『スパサカ』アシスタントとしても人気だった女優も

■ 白石美帆

柴咲演じる沙絵を献身的にサポートする小沢茜を演じたのは、白石美帆だった。当時25歳。女優としての活動のほか、サッカー番組『スーパーサッカー』(TBS系)のアシスタントも長きにわたり務めていた。昨年は終末期医療をテーマとした主演映画『ぬくもりの内側』が公開された。私生活では、2016年11月、アイドルグループV6のメンバーだった長野博と結婚。2018年5月に第1子となる男児を、2019年11月に第2子となる女児を出産している。

■ 永山瑛太

櫂、沙絵らの同級生、矢嶋啓太を演じたのは、当時・瑛太の芸名で活動していた永山瑛太だった。当時21歳。その後もドラマ『最高の離婚』(フジテレビ系)や、『リコカツ』(TBS系)などの出演作がヒット。2018年の大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合ほか)では、主人公・西郷隆盛の盟友で、途中で袂を分かつ大久保利通役を好演した。2020年にはコロナ禍を題材にしたドラマ『Living』(NHK総合ほか)で、実弟の俳優・永山絢斗と兄弟役で共演を果たしている。私生活では、2010年6月にアーティストの木村カエラと結婚し、同年10月に第1子の長男、2013年に第2子となる長女が誕生している。2021年3月いっぱいで20年間所属した事務所パパドゥを退社し、同年4月から個人事務所での活動をスタートさせている。

■ 小西真奈美

当初、櫂と交際していた高木真帆(※「高」は正式には「はしごだか」)を演じたのは小西真奈美だった。当時25歳。この時すでにドラマ『アンティーク 〜西洋骨董洋菓子店〜』、『人にやさしく』、『天体観測』(全てフジテレビ系)などに出演し、若手人気女優の一角だった。2001年4月からは『ココリコミラクルタイプ』(同系)でコントにも挑戦していた。2008年公開の出演映画『Sweet Rain 死神の精度』の主題歌「Sunny Day」で歌手デビューも飾っており、2020年11月には、自ら作詞作曲を手掛けたオリジナル4曲を含むアルバム『Cure』をリリースした。

“のだめ”で後に大ブレイクした女優も10代で出演!

■ 山田優

成宮さん演じる翔平の恋人・佐伯そよ子を演じたのは山田優だった。当時19歳。すでに雑誌「CanCam」(小学館)の人気モデルとして蛯原友里、押切もえらと共にカリスマ的な人気を博していた。私生活では、ドラマ『貧乏男子 ボンビーメン』(日本テレビ系)で共演した俳優・小栗旬と4年間の交際期間を経て2012年3月に結婚。2020年12月末、22年間所属したアワーソングスクリエイティブを退社し、以降は個人事務所を立ち上げる予定としている。

■ 上野樹里

翔平の妹、桐島あゆみを演じたのは上野樹里だった。当時17歳。本作の2年後に主演したドラマ『のだめカンタービレ』(フジテレビ系)で“のだめ”こと野田恵を演じ、人気女優の仲間入りを果たした。その後も大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』(NHK総合ほか)など多くの作品に出演。昨年10月には『のだめカンタービレ』ミュージカル版で再びのだめを演じ、旧来のファンを喜ばせたほか、12月には主演映画『隣人X 疑惑の彼女』が公開された。私生活では、2016年5月、3ピース・ロックバンド、TRICERATOPSのボーカリスト・和田唱と結婚。上野のインスタグラムにはときおり和田が登場し、夫婦仲の良さが垣間見られる。

元記事で読む
の記事をもっとみる