1. トップ
  2. 恋愛
  3. あぁすれ違い!夫の8割がラブラブデートしたいのに一方の妻は…

あぁすれ違い!夫の8割がラブラブデートしたいのに一方の妻は…

  • 2016.2.11
  • 590 views

(C)Shutterstock

既婚者のみなさん、最近パートナーとデートしていますか? 結婚をするとなかなか恋人同士だったときのようにデートしなくなっていきますよね。

妊活サプリメントを展開するゲンナイ製薬株式会社が、配偶者のいる20歳以上の男女1,000人に「夫婦デートに関する調査」を実施。

 

では実際夫婦デートはどのくらいしているのでしょうか?

「最近1年間、どのくらいの頻度で夫婦ふたりきりのデートを行ったか」を調査。

1位「最近1年で1回もない」26.8%

2位「週に1回程度」13.6%

3位「月に2〜3回程度」12%

4位「半年に1回程度」9.9%

5位「年に1回程度」9.4%

6位「月に1回程度」8.2%

7位「2〜3ヶ月に1回程度」7.7%

8位「週に2〜3回以上」6.6%

9位「結婚後から1回もない」

1位と9位を合わせると「最近1年でデートが0回」が32.6%になり、これは3組に1組が全然デートをしていないという結果に! 平均頻度では月に1.7回という数字がでました。これって結婚前の理想とかけ離れていませんか?

ちなみに「恋人時代のようなラブラブなデートをしてみたいと思うか」聞いてみたところ……

<男性>

したい…76.2%

したくない…23.8%

<女性>

したい…62.6%

したくない…37.4%

8割の男性がラブラブデートを結婚後も望んでいることが判明! その反面、女性は約4割がまったくデートしたくないという……。

じゃあデートしたくなるときっていつ? そのタイミングが分かるとデート不足が解消できるかも!?

「パートナーとふたりきりでデートしたいという気分が盛り上がるのはどんなときか」を調査。

<男性>

1位「結婚記念日などの夫婦の記念日のとき」

2位「イベントごと(バレンタインなど)があるとき」

3位「パートナーに感謝したいことがあるとき」

4位「家事や仕事のことを忘れてリフレッシュしたいとき」

5位「ふとパートナーを愛おしく思えたとき」

<女性>

1位「結婚記念日などの夫婦の記念日のとき」

2位「家事や仕事のことを忘れてリフレッシュしたいとき」

3位「イベント(バレンタインなど)があるとき」

4位「臨時収入があったとき」

5位「しばらく夫婦の時間がとれなかったとき」

記念日やイベントなどは「デートしなくては!」という気持ちになりますよね。それ以外では、夫は妻に感謝したときや愛おしく思えるときにデートをしたい一方で、妻は家事疲れや臨時収入など現実的な感じがします。近々デートをしたいと思っている人は、バレンタインを狙うとすんなりいきそうですね。

 

そして、デートに出かけると素敵な効能があるみたい。

「夫婦ふたりきりのデートをしてみて、よかったと思うことは何か」を聞いてみたところ…。

1位「夫婦仲がよくなる(夫婦円満が続く)」

2位「夫婦間で会話が増える」

3位「家事や仕事の活力になる」

4位「普段行けないお店に行ける」

5位「パートナーからの愛情を実感できる」

6位「パートナーへの恋心が強くなる(惚れ直す)」

7位「パートナーの機嫌がよくなる」

8位「ちょっとした贅沢やおねだりができる」

9位「パートナーの日頃の不満や疲れに気づくことができる」

10位「セックスレスやマンネリが解消するきっかけになる」

一緒に住んでいるとわざわざふたりで出かけなくても…な気分になりがちですが、夫婦円満のためにデートが必要なことが分かりますね。

 

ではせっかくのデートを気分良く終えられるよう予習をしましょう!

「妻にされたら嫌なデート中のNG行動」を男性に聞くと…。

1位「普段着のままなど、おしゃれをしない」

2位「スマホ(携帯電話)ばかりいじってる」

3位「年相応でない、度を越した若作りをする」

いつもよりちょっとだけオシャレをして、ふたりの時間を大切にしていれば大丈夫ってところでしょうか。

 

ちなみに女性にも「夫にされたら嫌なデートの中のNG行動」も見てみましょう。

1位「スマホ(携帯電話)ばかりいじってる」

2位「自分勝手に話したり、話を聞いていなかったりする」

3位「デートプランやお店にダメ出ししたり、愚痴を言ったりする」

ちょっとドキッとしませんか? 私がやりがちなのは、「お店のダメ出し」をしてしまいます。

結婚して何年か経つと「デート」ってこっぱずかしかったり、ちょっと面倒になったりしてしまいがちですが、夫婦ふたりで共通の用事を作って出かける、それが電気屋でもスーパーでもいいから、まずはふたりの時間を持つことが大切なんだと、改めて気づかされました。(あおいあん)

情報提供元:ゲンナイ製薬株式会社