1. トップ
  2. 恋愛
  3. Sayaのマンスリー星占い【マインドフルネス占星術】12星座共通/3月の運勢

Sayaのマンスリー星占い【マインドフルネス占星術】12星座共通/3月の運勢

  • 2024.3.1
  • 907 views

12星座共通の、今月の星まわり

3月初めの段階では、みずがめ座に3天体、うお座に4天体が滞在

みずがめ座に愛と美の星・金星、行動や戦いの星・火星、変容の星・冥王星の3天体。うお座に太陽、思考や伝達の星・水星、現実化とルールの星・土星、境界を溶かす星・海王星の4天体が滞在しています。

みずがめ座の「自由・平等・博愛」の精神とともに、うお座の「ワンネス・共感」の感覚が高まっている状態なので、みんなで一体となって、ひとつのことをやり遂げようとする。理想に向かって動いていくのですが、それを苦手に感じる人もいるかも。その人には別の考えがあるのかもしれません。その場合は、自己主張が激しくなることもありそうです。

3月10日のうお座の新月には水星がおひつじ座に

うお座に惑星が多い時期は、混乱が起こったり、感情的になったりする傾向も。でも、3月10日のうお座の新月である程度、リセットされるでしょう。この日には水星がひと足早くおひつじ座に入るので、モヤモヤしていたことも言葉になってきそうです。また、さまざまなアイデアも頭をめぐるとき。ノートなどに書き出してみると、発見がありそうです。

3月12日には金星がうお座に

太陽、土星、海王星のあるうお座に、金星も入ります。「ワンネス・共感」のうお座の世界を苦手に感じていた人も、金星の到来で、思いやりの気持ちが高まりそうです。芸術の世界へのシンパシーも高まるとき。音楽、文学、映画などに親しみましょう。演劇やバレエを見に行くなんていうのもいいですね。もちろん、サブスクで気軽にでも。

3月20日の春分に太陽がおひつじ座に

春分に太陽がおひつじ座に。すでに水星がおひつじ座に入っていますが、太陽と水星によって、活気あふれる雰囲気が出てきます。思い付いたことがポンポン口から出てくるような時期ですし、会議などでも新しいテーマに賛成が集まりそう。ただ水星は、4月におひつじ座で「逆行」します。今、考えていることがAの方向で進み出したとしても、その通りには行きづらいと心して。今はアイデアを出し合っている状態に過ぎないのです。

3月23日には火星がうお座にイングレス

金星、土星、海王星に加えて、火星がうお座に揃うことになります。「ワンネス・共感」の感覚が行動につながっていくときです。エモーショナルにもなりやすいですが、同情心も高まり、弱い者のために動いていきたくなるでしょう。ボランティアにもぴったりのタイミング。

3月25日にてんびん座で月食。新たな人間関係が生まれる

3月25日はてんびん座で満月ですが、今回は月食と重なります。てんびん座=「人間関係、美、調和」なので、このジャンルのことが月食のように表情を変えていきます。ここから、新しい人間関係の輪が生まれていき、それが安心感をもたらすものになるかもしれません。逆に言うと、古い人間関係は切れていくこともありそうです。

マインドフルネス占星術
maegamimami

占い・文/Saya

Saya
『ヨガジャーナル・オンライン』の毎月の星占いでもおなじみのSayaさんが占星術と出会ってから、読んできた占星術の和書を紹介した極上ブックガイド。著者や訳者を中心に、鏡リュウジさん、松村潔さん、SUGARさんら占星術家や研究家、セラピストに会いに行き、対話を重ねている。占星術の世界を概観したい初学者、学びの道のりを整理したい中級者にも。/『占星術ブックガイド~星の道の歩き方、アストロロジャーとの対話集(説話社)』

アストロロジー・ライター。東京出身。早稲田大学卒業後、ライフスタイルの編集者を経て、アストロロジー・ライターに。「エル・オンライン」、「LEEweb」の星占いも好評。現在は、京都で夫と二人で暮らし、晴耕雨読の日々。新刊、『星を味方につける生き方、暮らし方〜不安な時代に翻弄されずに私を生きる〜』(1540円/集英社)が好評発売中。

イラスト/maegamimami

maegamimami
maegamimami

イラストレーター。女性誌・広告・WEB・ブランドとのコラボレーションなどを中心に活動。その他、TVドラマのメインビジュアルや、読売新聞で連載された「黄金夜界」(作・橋本治)の挿絵なども手がける。近年は、ユナイテットアローズBEAUTY&YOUTHとのコラボレーションコレクション、POLA「ディエム クルール」、ATSUGI「アスティーグ」、ワコール「LASEE」のビジュアル、雑誌ケトルで連載がスタートしたサニーデイ・サービス曽我部恵一氏 執筆の初の長編小説「メメント・モリタ」の挿絵などを担当。

Saya

アストロロジー・ライター。東京出身、京都在住。早稲田大学卒業後、ライフスタイルの編集者を経て、アストロロジー・ライターに。「エル・デジタル」、「LEEweb」の星占いも好評。現在は、京都で夫と二人で暮らし、星を読み、畑を耕す傍ら、茶道のお稽古と着物遊びにいそしむ日々。新刊、『占星術ブックガイド〜星の道の歩き方、アストロロジャーとの対話集〜』(5500円/説話社)が好評発売中。

元記事で読む
の記事をもっとみる