1. トップ
  2. レシピ
  3. 月食費2万円台の人が「冷蔵庫に絶対に入れてはいけない!とアドバイスする食品」3つ

月食費2万円台の人が「冷蔵庫に絶対に入れてはいけない!とアドバイスする食品」3つ

  • 2024.2.28
  • 34247 views

食費を落とすには、とにかくムダなものを省くこと!いかに余計なものを買わないようにするかで、出費が大きく変わります。今回は、月食費2万円台でやりくりするわが家の「冷蔵庫にない食品」をご紹介します。

つくり置きのおかず

節約にもなる「つくり置き」ですが、私はまったくやっていません。そのため、冷蔵庫にも常におかずがあるわけではなく、たま~に残りものが入っている程度です。

つくり置きがあると確かに便利ではあるけれど、結局は“つくる手間”がかかります。子どもたちの気分によっては、「今日は食べない」なんてこともあるので、事前につくっておくリスクがあるんです。

わが家はつくり置きでラクするよりも、ぱぱっと完成する時短料理のほうが向いているので、おかずのストックはしません。

本格的な調味料

たまには本格的な料理に挑戦してみたいけれど、そのためだけに調味料を揃えるのはもったいない気がします。一度つくってみて口に合わなければ、使い切るのも大変です。

そこで私は、「調味料の冒険はしない」と決めています。むずかしいスパイスを買っても、残さず使い切れる自信がありませんし、かといってロスするのはもってのほか!

調味料は封を切ってしまうと長持ちしないので、買うのは定番の調味料だけです。

どうしても本格的な料理がつくりたいときは、できあいの「素」に頼る方が断然ラクだし安上がり!四川風麻婆豆腐も、スパイスは揃えず毎回「素」でつくっています。

味つけ済みのお肉

すでに味がついているお肉は、焼くだけで調理できるので便利なのですが、よく考えると味つけの手間ってほとんどかからない気がします。焼肉のたれなら回しかけるだけですし、中華風ならウェイパーさえあれば味が決まる。

わざわざコスパのよくない味つけ肉を買っても、ラクできるのってほんの一瞬なんですよね。むしろ、タレのおかげでトレイが洗いにくく、かえって手間が増えているような。

わが家の場合、冷蔵庫に入っているのは最小限の食品だけで、基本的にスペースがあいています。「買うもの=冷蔵庫に入れるもの」を取捨選択すると、余計な買い物が減って電気代の節約にもつながりますよ。

文/三木ちな

元記事で読む
の記事をもっとみる