1. トップ
  2. お仕事
  3. ノーティスの意味とは? ビジネスでの使い方や例文、言い換え表現を解説

ノーティスの意味とは? ビジネスでの使い方や例文、言い換え表現を解説

  • 2024.2.27
  • 3652 views
ビジネスシーンで耳にするカタカナ語の1つに「ノーティス」があります。本記事では、現役フリーアナウンサーの新保友映が、「ノーティス」の意味や使い方について、例文を交えながら紹介しています。
ビジネスシーンで耳にするカタカナ語の1つに「ノーティス」があります。本記事では、現役フリーアナウンサーの新保友映が、「ノーティス」の意味や使い方について、例文を交えながら紹介しています。

外資系など、英語でのコミュニケーションが多い職場では、カタカナ語を使うことがスタンダードになっている場合があります。取引先などとのやりとりの中で、聞き慣れない言葉が出てきて「どんな意味?」と戸惑った経験のある人も多いかもしれません。今回は、ビジネスで用いられるカタカナ語「ノーティス」の意味や使い方について、現役フリーアナウンサーの新保友映が詳しく解説します。

ビジネスにおけるノーティスの意味

はじめに、英単語「notice」の意味を整理した上で、ビジネスにおける「ノーティス」の意味をご紹介します。

・そもそも英単語の「notice」の意味とは
「notice」とは、動詞では「気づく」「注目する」、名詞では「通知」「通報」「掲示」「注目」「通知書」などの意味があります。

・日本語での「ノーティス」の意味
日本でカタカナ語として使われる「ノーティス」も、「通知」「告知」「お知らせ」といった意味があります。また、「◯◯ノーティス」のように、さまざまな語を伴って、各業界で専門用語的に使われる言葉もあります。「ノーティス」の関連語については、後ほど詳しくご紹介します。

ビジネスにおけるノーティスの使い方・例文

次に、ビジネスにおける「ノーティス」の使い方を、例文を交えて解説します。

・ホームページにおける「ノーティス」の使い方・例文
ホームページやWebサイトでは、重要なお知らせや案内を「ノーティス」として掲載することがあります。

【例文】「イベント会場のオープン時間や入場方法につきましては、公式Webサイトのノーティスをご覧ください」

・予定のお知らせに関する「ノーティス」の使い方・例文
何らかの予定を事前に知らせる場合は、「ノーティスを出す」「ノーティスが来た」といった言い回しが使われます。

【例文】「今度の週末は、ビルのメンテナンス工事でオフィスが停電するという旨のノーティスが来た」

・ホテルにおける「ノーティス」の使い方・例文
ホテルでは、宿泊者宛の重要な郵便物が届いていることを伝える際に、「メール・ノーティス・カード」と呼ばれるものが使われます。

【例文】「宿泊中のホテルに届いた郵便物を受け取る際は、メール・ノーティス・カードに署名をする必要がある」

ノーティスを使ったビジネス用語・関連語の意味

続いて、「ノーティス」を使ったビジネス用語や、関連する専門用語をご紹介します。

・用語(1)ショートノーティス
「ショートノーティス」は、「(締め切りや納期が直前に迫っている中での)緊急の通知、急なお知らせ」という意味で使われます。ここでのショートは、期間や時間が「短い」ことを表します。ビジネスでは、「ショートノーティスで申し訳ありませんが、本日中にご対応をお願いできますでしょうか」のように用います。

・用語(2)レッドノーティス
「レッドノーティス(赤通知)」は、国際刑事警察機構(インターポール)により発行される、国際指名手配犯に対する国際警報です。レッドノーティスには、指名手配者の氏名や生年月日、国籍のほか、犯罪などの情報が含まれていますが、逮捕状ではありません。国際刑事警察機構に加盟している各国の法執行機関に対し、暫定的な逮捕を要求するものです。

・用語(3)ノーティス期間
「ノーティス期間」は、退職の申し出から実際に退職するまでの期間のことです。英語圏では「notice period(ノーティスピリオド)」と呼ばれています。海外では、雇用契約にノーティス期間が定められていることが一般的で、従業員が業務の引き継ぎなどを行うため、退職までに数週間~数カ月の期間が必要です。

・用語(4)ノーティスアンドテイクダウン
「ノーティスアンドテイクダウン」は、インターネット上の著作権侵害に関する用語です。インターネット上に掲載されたコンテンツについて、著作権者などから「著作権侵害である」という申し出がなされた時、プロバイダは発信者にその旨を通知した上で、著作権侵害の有無に関わらず削除でき、かつその責任を負わないという制度のことです。アメリカのDMCA法を参考に導入されたもので、日本ではプロバイダ責任制限法により運用されています。

・用語(5)アライバルノーティス
「アライバルノーティス(A/N)」は、「貨物到着案内」のことで、貿易用語の1つです。貨物を積載した船が港に到着する直前(前日など)に、船会社から発行される書類で、電子メールやFAXなどで荷受人の元に送付されることが一般的です。

アライバルノーティスには、輸出者や輸入者の名前のほか、船名、荷受け港、請求額、振込先など、輸出入内容の詳細が記載されています。アライバルノーティスを受け取ることで、輸入者は貨物の引き取り準備を始めることができます。

・用語(6)ポストノーティス
「ポストノーティス」は、労使関係に関する用語です。労働組合法において禁止されている、「使用者(多くの場合企業)が労働組合の組織や運営に介入、支配した場合」の救済命令の1つです。労働委員会は、使用者に対し「不当労働行為があった事実を認め、かつ、今後同様の行為をしないという誓約や陳謝」を述べた文章を、指定の場所に掲示することを命じます。

・用語(7)メール・ノーティス・カード
「メール・ノーティス・カード」は、主にホテル業界で用いられる言葉です。宿泊者宛ての特殊郵便物(書留、速達など)が届いた時に、所定のカードに受領日や時間、客室番号などを記録し、郵便物とともに保管しておきます。宿泊者は、カードに署名した上で郵便物を受け取ります。

ノーティスの類語・言い換え表現

最後に、「ノーティス」に近い意味を持つ言葉や、言い換え表現をご紹介します。

・類語(1)リマインド
リマインドには、「思い出させる」「気づかせる」という意味があります。ビジネスでは、「念のため確認する」「再度通知する」といったニュアンスで使われることが多いでしょう。「ノーティス」に似た意味の言葉ですが、「リマインド」は相手がすでにその情報を把握している場合に使われます。また、忘れないように要件を通知することを「リマインドする」、指定した日時に通知してくれる機能やアプリのことを「リマインダー」と言います。

・類語(2)メッセージ
「メッセージ」は、「伝言」や「声明」といった意味を持つ言葉です。「ノーティス」とは異なり、「気づかせる」「知らせる」というニュアンスを持たないため、より幅広い文脈で使うことができるのが特徴です。

まとめ

「ノーティス」とは、「通知」「お知らせ」という意味で、「ノーティスを出す」のように使われます。また、各業界では専門用語として「ノーティス」を含んだ言葉が用いられていることもあります。正しく意味を理解し、ビジネスで有効に活用してみてください。

■執筆者プロフィール
新保 友映(しんぼ ともえ)
山口県岩国市出身。青山学院大学卒業後、2003年にアナウンサーとしてニッポン放送に入社。『オールナイトニッポンGOLD』のパーソナリティをはじめ、『ニッポン放送ショウアップナイター』やニュース情報番組、音楽番組など担当。2018年ニッポン放送退社後はフリーアナウンサーとして、ラジオにとどまらず、各種司会、トークショーMC、YouTube、Podcast、話し方講師など幅広く活動。科学でいじめのない世界をつくる「BE A HEROプロジェクト」特任研究員として、子どもたちの授業や大人向け講座の講師も担当している。

文:新保 友映

元記事で読む
の記事をもっとみる