1. トップ
  2. 恋愛
  3. LINEは使わない!?不倫している子の「バレない」対策6つ

LINEは使わない!?不倫している子の「バレない」対策6つ

  • 2016.2.7
  • 7331 views

あなたの周りにも実はいるかもしれない、不倫している子。年上好きだからなのか、はたまた人の旦那が好きなのか……。実は筆者の周りにも何人かいるんです、不倫している子が。

良いか悪いかはさておき、彼女たちには不倫を続けるための対策をしている、という情報をキャッチ。奥さまにバレないために、はたまた、自分の周囲に不倫していることがバレないためにしていること……。

(C)Shutterstock

 

今回、Woman Insight編集部では実際に不倫をしている子5名に、不倫がバレないための対策を調査してきました。すると分かったのは、驚くほどの緻密な作戦の数々。読めば「そうきたか!」と驚くこと間違いなし、ですよ……!

【1】 LINEは決して使わない

最近の浮気や不倫のほとんどは、LINEを見られてしまったことが原因、と語るのは25歳で不倫を3年続けている女性。彼女に言わせれば、「LINEを使ってやり取りするのはリスクが大きすぎる」とのこと。ではやり取りはどうしているのかというと、昔ながらのEメール。しかもブラウザからしかログインしないので、携帯に通知を表示させないという徹底ぶり。なるほど、そもそも通知のないものにし、LINEはいつ見られてもいいことにしておくという周到さ……。

 

【2】 逆に他のSNSではつながっておく、が「いいね」はつけない

Facebookなどで相手とつながってしまうのはNG、かと思いきや実はその逆。「知り合い同士、ということはさすがに隠し切れないことも。そうなったときに、すべてのSNSでつながっていないというのも逆に不自然なので、つながっておくのはアリ。ただし、決していいね!をつけないことを徹底して。」とのこと。「もしも奥さんに気付かれた時には、どうせ名前で検索されるのでつながっているかどうかは実は重要ではないんです」というお言葉もいただきました。

 

【3】 レシートは絶対にもらわない、クレカは使わせない

5名中3名が答えたこの対策。「レシートはまさに、情報の宝庫。何月何日の何時何十分に、どの場所にいたかが特定されるほどのものです。何か情報を突き付けられてしまったときに、レシートだと言い逃れが難しいので、ホテルだけでなく小さなコンビニのレシートもデート中のものはすべて受け取らないのがベスト。クレカのとても些細な使用明細からバレることもあるはずなので、彼にもそれを徹底してもらっています」という言葉から感じるのは、その徹底ぶり……。

【4】 待ち合わせ場所は毎度変える

「おたくの旦那さんが、あそこで若い女の子といたわよ」なんてことを、奥さまに耳打ちするひともいるかもしれません。そういう時に何が起きるのかというと、その場所で張り込み始める奥さま、がとても多いんだとか。「毎度同じ待ち合わせ場所にしておくのは大きなリスク。探偵などを使われる場合もあるので、毎度コロコロ場所を変えるべき」。

 

【5】 休日には決して連絡しない

休日に、携帯をこっそりと触っている時間が多いと、奥さまが怪しまないわけがない……ってことで、思い切って休日は連絡を一切しないという答えが。「不倫をするときの、一番の鉄則かもしれません。休日に連絡するのはばれるリスクが高まるだけでなく、彼が面倒に感じてしまうこともあるはず。関係を続けるためなら、休日にはその人はいないものだと思うことが大事」との回答が。

 

【6】 嫉妬心を押し殺す

全員が口をそろえたのは、心を押し殺すこと。「クリスマスなどのイベント時には一緒にいられない、そんな当たり前のことを分かっていても……いざイベントの日になると、どうしようもなく寂しい気持ちになります」という悲しい声も聞こえてきました。彼の家庭を壊さない範囲でしか付き合えない、彼女たちはそんな宿命を受け入れ、嫉妬も寂しさも押し殺しているのです……。そこまでしてなぜ。

 

いかがでしたか? 不倫をしている子たちの、バレない対策の数々。次回は、不倫している彼女たちだからこそ分かる、逆に「不倫を見破るコツ」も近々配信予定です。お見逃しなく……! (末成あゆみ)